「ほっ」と。キャンペーン

食欲の秋 米!魚!肉!酒!それからそれから~料理雑誌フェア~

先日からぼんやりお伝えしておりますが、先週の土曜日
より料理雑誌フェア開催中です。

どっどーんと、400冊強、全部積み上げると2mを超す
料理雑誌を一気に大放出中です。
f0069799_15305581.jpg


なんせ場所をとるので、店の外でマルシェ風に♪と
思ったものの、昨今のお天気でなかなか外に並べられず
ようやく今日ご紹介することができました。

雑誌の種類もいろいろ。「dancyu」「料理王国」「料理通信」
「専門料理」「エル・ア・ターブル」「きょうの料理」「きょうの料理
ビギナーズ」「四季の味」「うたかま」…とにかくありすぎるほどに
たっくさん!

遠藤書店では、インデックスをつけておりますので、お急ぎの方も
ちょちょっと気になるものだけチェック可能ですよ!

ではインデックスごとに紹介してみます。

新米!新米!!秋と言えば何といっても和食。
f0069799_15363329.jpg


四季の味はどれでも350円とお買い得。
f0069799_1537096.jpg


日がくれるのが早まってくるとなんだか焼き魚機運が高まります。
これからは牡蠣も楽しみ…シーフード御一行様はこちら。
f0069799_1538248.jpg


魚とくれば肉です、肉。ジビエ万歳!
f0069799_15402010.jpg


もちろん野菜も積極的にとりたい。スーパーで見たナゾの
新顔野菜をおいしく食べるヒントを得られるかも。
f0069799_15421674.jpg


やっと朝晩には涼しさも感じられるようになり、食べ歩きの元気も
出てきたのでは?
f0069799_1543268.jpg


もうすぐフランスレストランウィークも始まります。
経堂ではブラッスリーパラディさんが参加店になっています。遠藤書店すぐ近く♪
フランス料理も予習しつつ
f0069799_15474892.jpg


でも気楽なのはイタリアン!?経堂にも名店がたくさんありますね。
f0069799_15483153.jpg


そうそう、中華も!
f0069799_1552438.jpg


(飲食業の方にはこんなのも)
f0069799_1556073.jpg


そして熱く語りたくなるのはカレーとラーメン
f0069799_15503837.jpg


語りのマストアイテム、うまい酒!!
f0069799_15532664.jpg


おうち派ならおいしいパンやお菓子に凝ったり
f0069799_1554834.jpg


ホームパーティを楽しんだり
f0069799_15543221.jpg


やっぱり日々のごはんは大事です。
f0069799_1555423.jpg


というわけで、かけあしでご紹介しましたが、フルコースのような
ボリュームを感じていただけましたでしょうか。

晴れの日は表に勢ぞろいして、ぐずつき模様の日は店内のあちこちにちらばって
皆さまをおまちしております。「楽しい秋の味覚」計画のお役にたてば幸いです。
[PR]
# by endoushoten | 2012-09-20 15:59 | すずらん通り本店

住宅街の片隅で

遠藤書店はなんてことのないフツ―の街の、ごく平凡な古書店です。

でも、なぜか不思議なものが集まってくるのです。
たとえば絵本。日本語の絵本が一番多いのですが意外と洋物もあるのです。

f0069799_171759.jpg

↑↑↑まずは英語の絵本。まぁ洋書の中では珍しくないかもしれません。

f0069799_1719785.jpg

↑↑↑ドイツ語圏ではヒーローです。マックスとモーリッツ(のレクラム版)。

f0069799_17202541.jpg

↑↑↑チェコに…

f0069799_17204432.jpg

↑↑↑ポルトガルに…

f0069799_17212093.jpg

↑↑↑スウェーデンに…

↓↓↓これは日本でも大人気のうさこちゃん、ミッフィ―のシールブック(英語)
f0069799_17221217.jpg


↓↓↓こちらはオリジナル版、オランダ語のナインチェ。
f0069799_1723699.jpg


↓↓↓さらに中国版。
f0069799_17242410.jpg


専門的に海外の絵本を扱っているわけではないのですがふと気がつけばこんな棚に。
経堂という街は世界中からなにかがもそもそと集まってくるところなのかもしれません。
小さな国際交流の芽が育ちますように。

【おまけ】なぜ経堂の古本屋に!??という
ルーブル美術館ガイドのイタリア語版。
f0069799_17273721.jpg


#どれも、読めなくても買える安心価格。これを機に語学に挑戦してるのはいかが?

##現在、絵本はレジ脇に移動しています。店頭では料理雑誌フェア開催中!
   晴れたら詳しくお知らせします。
[PR]
# by endoushoten | 2012-09-19 17:32 | 今日の1冊

モノノケ棚本日最終日

ギャラリーURESICAさんのモノノケ展最終日となりました。


遠藤書店のモノノケ達とも名残惜しいですが、今日でお別れです...。
モノノケ達が去ってしまうと、いよいよ今年の夏も終わりだなと物悲しくなってしまいます。

f0069799_15552382.jpg

URESHICAさんでは、去年からお化け屋敷のような展示を!と考えられていたそうです。
f0069799_1602935.jpg

今回ギャラリーに展示されている作品は、グロテスクですがどこか愛らしく心惹かれるものばかりでした。


f0069799_16101016.jpg

この棚とも今日でお別れです。
f0069799_16104796.jpg


ウレシカさんのモノノケ展は本日午後8時まで、
遠藤書店のモノノケ展は本日午後9時まで。
どうぞ帰宅途中に足をお運びください。

2週間後にはもう九月、本当に早いですね。
今年は残暑が厳しそうなので、『読書の秋』には少し気が早いかもしれませんが..
秋の夜長に一緒に過ごしてくれる本を当店で探してみてはいかがでしょうか。
[PR]
# by endoushoten | 2012-08-20 16:28 | すずらん通り本店

くらしの作法

現在21_21DESIGN SIGHTで開催中の『テマヒマ展』に出かけてきました。
その日はイベント日と重なっていたこともあってか、なかなかの盛況ぶり。外国の方が多く見られたのも特徴的でした。
会場を入ってはじめにある、大きなスクリーンに映し出される映像は、今回の展覧会のテーマである東北に生きる人々の、手仕事のようすを淡々と撮影したもの。
青森のリンゴ箱をすさまじい勢いで次々に組み立て、積み上げていく様はまさに現代アート。また、林檎剪定鋏職人の、熱い鉄を打って型を形成してゆく様子は、職人の緊張観がこちらまで伝わってくるようでした。
そこを抜けると、広い空間に食と生活の品が美しく整然と展示されているスペース。まるで博物館!うむ?この感じ、どっかで覚えがあるぞ?とおもったらやっぱり、展覧会ディレクターには無印良品のアドバイザリーボードメンバーでもある深澤直人氏が。
お麩のひとつひとつをチマチマっときれいにならべ、漬物も密封パックしてなんともおしゃれに飾っちゃう。さすが、と感嘆したのでした。しかし、どんなにきれいにかざっても、そこからもれ出てくる生活の、ひとの、香りというか、営みがとつとつと伝わってきて、それがまたこころ揺さぶられる展示でした。
まだご覧になっていない方は是非。8月26日までの展示ですよ。

さて、えらく長い前置きになってしまいましたが、その展覧会を受けて、本日の本をご紹介します。
f0069799_18451130.jpg


[写真右]
『民具の呼ぶ声』
(野口冬人著 いさかかつじ絵 現代旅行研究所 420円)

[写真左]
『手の知恵』
(藤原房子著 山手書房/500円)
日常の何気ない動作を、光で追って撮影したもの。刊行は昭和54年ですが、その着眼点が斬新。中をちらり
f0069799_18512498.jpg


ひとまず、トウホクとはなんぞや?そして、手あかにまみれた民芸品イコール素朴な思想はどこからきたの?と疑問を持ったら
f0069799_18533270.jpg


[写真左]
『こども東北学』
(山内明美著 イースト・プレス 630円)

[写真右]
『人間復興の工芸 「民芸を」越えて』
(出川直樹著 平凡社ライブラリー 650円)

あの震災からまもなく1年半を迎えようとしている今日。あらためて、じぶん自身の「くらし」を丁寧にみつめるいい機会かもしれません。
[PR]
# by endoushoten | 2012-08-13 20:09 | 今日の1冊

チケットさしあげます

f0069799_17325459.jpg


世田谷文学館で開催中の
宮崎駿が選んだ50冊の直筆推薦文展。

無料招待券を、店頭でなにかお買い上げくださったお客様に
差し上げます(先着2枚)。
ご希望の方はレジにてお申し付けください。

「読書感想文の参考になるかしら…」なんてあざとい考えでなくても
湧きあがるような読書の喜びが感じられるのではないでしょうか。

[写真左]
『本へのとびら―岩波少年文庫を語る』
(宮崎駿著・岩波新書/480円)

[写真右]
『ジブリの哲学 ―変わるものと変わらないもの―』
(鈴木敏夫著・岩波書店/1,050円)

子どもたちに「楽しい夏」の思い出がたくさんできますように…。
[PR]
# by endoushoten | 2012-08-02 17:41 | その他お知らせ

経堂界隈モノノケだらけ

遠藤書店よりちょっと先にあるギャラリーURESICAさんで、
今日からモノノケ展が始まりました。

遠藤書店にもモノノケ集まってきました。

いつもは平和な美術書コーナーが
f0069799_130282.jpg


キャー モノノケ本たちに乗っ取られてしまいました。
f0069799_1315524.jpg


f0069799_1323843.jpg


f0069799_1333257.jpg


日没以降はモノノケタイム。モノノケ棚の本がどれでも10%OFFになります。

「つ〜れ〜て〜け〜〜〜」「つ〜れ〜て〜け〜〜〜〜」
モノノケ本たちのうめき声が聞こえてきます。
どうぞあなたのおうちに連れて行って、一緒に涼しい夏をお過ごしくださいませ。
[PR]
# by endoushoten | 2012-07-26 13:08 | すずらん通り本店

ご近所めぐり

蒸し暑いながらも、空を見上げればチラリとのぞく青空。
夏もすぐそこまで来ていますね。
さて、今日は何処へ出かけようか。

遠出をしなくとも、近所でちょっとした旅気分に。
経堂のお隣、豪徳寺駅には、世田谷線が走っています。
以前は玉電の愛称で親しまれた旧路面電車。
2両編成と小さいながらも、まだまだ地域の方の足として現役です。

▼じつは回数券もあります。無期限なのがうれしい。しかも使用時は手でちぎる!
f0069799_1627717.jpg

「日本のチンチン電車」読売新聞社刊 1200円

▼世田谷線もちらりと載ってます。
f0069799_16314955.jpg


さて、世田谷線にのってどこいこうか。
よし映画を観に行こう。いざ下高井戸(終点)まで。

▼下高井戸シネマの上映スケジュールと友の会会員証
f0069799_16332857.jpg

「映画のあとに ミリオンだらだらトーキング」キネマ旬報社 730円

下高井戸シネマは見逃してしまった話題作から昔の名画まで、幅広いジャンルを取り揃え、地域に根差した映画館。いつ行ってもお客様がそこそこいらっしゃる。
映画のセレクトはもちろんのこと、みなさんに愛されているのだなあとつくづく感じ入る映画館です。

さて、遠藤書店では、その下高井戸シネマで近日公開されるスパイク・ジョーンズの『インビテーション フロム スパイク・ジョーンズ』中のショートフィルム、『i'm here』のカタログを入荷しました。
f0069799_1651242.jpg

「THERE ARE MANY OF US 」SPIKE JONZE 1000円

近所で気張らずに出かけられるお楽しみスポットが、この経堂界隈にはあふれています。
週末は世田谷線お散歩でもいかがでしょうか。
※ちなみに、世田谷線車内から眺めるあじさいもなかなかですよ~
[PR]
# by endoushoten | 2012-06-29 17:06 | 今日の1冊

第147回五反田古書展 目録注文受付!

再来週は第147回五反田古書展!
池袋や新橋の古本まつりと違って開催は2日間のみですが、
池袋や新橋の古本まつりと違って目録による販売がございます。

f0069799_16401667.jpg


ご登録いただいているお客様には今日から明後日くらいの間に
目録が届く予定です。どうぞジックリじっくりご覧ください。
そしてご注文もよろしくお願いします。

? 目録注文てなあに??

いわゆる古書店によるカタログ販売のようなものです。
細かな文字ばかりで見た目はひたすら地味ですが、
もしかしたらずっと探していたあの本が、
タイトルだけでキュンとする本が見つかるかもしれません。

欲しい本が見つかったら、各古書店毎に注文を出します。
誰かの「欲しい本」とかぶらなければめでたくあなたのお手元へ。
(不運にしてご注文が重なった場合は抽選での販売になります)

今回はどれを買うか、どのくらい買っちゃうか、迷うのも楽しみのひとつ。
開催当日までは、まだ若干日数がありますが
目録が届いた時からが五反田古書展です!

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

第147回 五反田古書展

  2012年6月22日(金) (外台 9:30~)10:00~18:00
        6月23日(土) 10:00~17:00

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

 会場 南部古書会館(五反田駅徒歩3分)
     東京都品川区東五反田1-4-4

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●
 
 これぞ古本、というような黒っぽい本がたくさん集まります。
 予約不要ですので、どなたでもお気軽にお越しください。
 ご来場お待ちしております。
[PR]
# by endoushoten | 2012-06-11 16:55 | 古本まつり(外売り)

今週の金、土はダンスを観に

舞台芸術フェスティバル Sentival!2012が開催されています。

遠藤書店店頭でもフライヤーをお配りしていたshelfの公演『 edit 』は昨日で終演、
好評だったようで前売りは前回完売だったそうです。
観に行かれた方はいらっしゃいますか?

さて同じく Sentival!2012参加プログラムからもうひとつご紹介いたします。

会場の城北地区は経堂からはほんのちょっぴり遠いかもしれませんが、
今週の金、土はダンスを観にでかけてみませんか?

--------------------------------------------------------------------------------------

f0069799_1529219.jpg


木野彩子 巣鴨教会パフォーマンス

日時 6月1日(金)7時半
    6月2日(土)6時半
1日は終演後トーク(Sentival!参加演出家とのアフタートーク)あり


場所:巣鴨教会
〒170-0005東京都豊島区南大塚1-13-8
(JR大塚駅、丸ノ内線新大塚駅から徒歩10分)

料金:2000円
チケットご予約、お問い合わせ:キノコチケットkinokoticket@hotmail.co.jp

構成、演出、出演:木野彩子

特別出演:江波恵理子(2日のみ)、江畑加奈子、奥山敬子、上崎実、小林結花、佐藤浩子、佐藤真紀子、佐藤満、田辺佐保子、橋本由布子、富士栄秀也、峰松智弘、山田恵(2日のみ)

特別演奏:渡辺善忠(巣鴨教会牧師)

照明協力:鳴海康平(第七劇場)

宣伝美術:古里麻衣

--------------------------------------------------------------------------------------

(なんで古本まつりでもないのに遠藤書店が告知するのでしょうか…
それはもちろんちょっとしたつながりがあるからなのです!)
[PR]
# by endoushoten | 2012-05-28 15:45 | その他お知らせ

新橋古本まつり本日より開催です!

いい季節になりました。戸外の風が気持ちいい!!

本日より新橋古本まつり始まりました。

◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆
       新 橋 古 本 ま つ り
◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆
会期2012年5月21日(月)〜5月26日(土)

時間午前10時〜午後8時

会場新橋駅前SL広場

最寄り駅
 JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線
 東京メトロ銀座線/都営地下鉄浅草線
 東京臨海新交通臨海線ゆりかもめ
 新橋駅日比谷口(烏森側)
◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆・◆

今週土曜日までやっています。ご通勤・ご通学、
お散歩ついでにどうぞ足をお運びくださいませ。
今回も掘り出し物ザクザクです!
[PR]
# by endoushoten | 2012-05-21 10:43 | 古本まつり(外売り)