<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

遠藤書店 夏の文庫100冊 【18】

あぁ、ヘッダ。あなたがあんなつまんない男と結婚してしまうなんて。
(うかつに余計なことをいうもんじゃないわね)。

あんな退屈な新婚旅行に耐えたわね。5ヶ月もご主人の
古文書漁りによくつきあったと思うわ。全くうんざりね。
テスマンは『中世ブラバントの家内工業』を研究のドクトル…
あぁ、まだ教授ではないんだったわね。失礼。
(それにしても『中世ブラバントの家内工業』ですって!)

乗馬もダメ、パーティもお預け、召使なんてとんでもない
なんて話が違いすぎるわよね。そして、なにかといえば
叔母さん叔母さん……ヘッダ、ちょっとしくじったかしら。
刺繍入りスリッパなんてゴミ箱にポイしちゃいなさいよ。

そこへいくとあなたのお父様はやはり偉大ね!
役に立つ暇つぶしのおもちゃをくださったのだもの。
ほんとに、役に立つのをね。

あなた、やっぱり『ヘッダ・テスマン』じゃなくて
『ヘッダ・ガーブレル』の方がしっくりくるもの。

f0069799_1530113.jpg

『ヘッダ・ガーブレル』イプセン著 岩波文庫 270円

--
そろそろ読書感想文にお悩みの方々へ
「人とダブらない」感想を書きやすい本としてもお勧めです。
(会話形式の戯曲なので、ざざーっと軽く読めるのもポイント)

ちなみにわたしの感想。

「今は服にかくれてるからわかんないだろうけど、妻は
新婚旅行でずいぶん太ったんだ」とか「僕が起きたときも
グウグウ寝てたじゃないか」とか余計なことばっかり
義理の叔母に言うダンナなんてぜーーーったいイヤ。
(写本に夢中なのは許す!)(あ2)

本日までのご紹介…37/100冊
[PR]
by endoushoten | 2008-08-21 16:03 | 今日の1冊

遠藤書店 夏の文庫100冊 【17】

 じりじりと、暑い日が続く夏。夏バテしていませんか。
何事も、最後はやっぱり体力なのだなぁと、つくづく感じる毎日です。
食生活はパン派な私ですが、ちょっと工夫してみたら、もっとパン食
も楽しくなるのかもしれません。

 
f0069799_15294569.jpg


『美味しくパンを食べよう!』渡邉政子 著 講談社文庫 310円
『東京パン屋さんガイド』東京パン研究会編 廣済堂文庫 340円
 

 パンを料理のつけ合わせだけで済ませるのではなく、料理自体に
パンを使ったり、はたまた、おつまみにしてみたりと、豊富な献立
が盛りだくさんの一冊です。
 パンマニアが、時間をかけて東京中を食べ歩きおすすめする
『東京パン屋さんガイド』もパン好きにはたまらない一冊です。


 夏には、アジアンテイストの料理も、もってこいな気がします。
焼きビーフン、肉ちまき____などなど。

 
f0069799_15302445.jpg


『程さんの台湾料理店』程一彦 著 グルメ文庫 290円
 
 舌の肥えた大阪人をもうならせる台湾料理店 梅田『龍潭』。店主自らが語る料理人になるまでの私的秘話がおもしろい一冊。

 
 そして食卓はいつも一人という方におすすめの一冊がこちら。

 
f0069799_15305290.jpg


『面白南極料理人 笑う食卓』西村淳 著 新潮文庫 200円

 最低気温-80℃の南極で、男たちが考えぬいた、簡単な毎日の
食事。シンプルだけど、美味しそうなものばかりです。(あ1)

本日までのご紹介…36/100冊
[PR]
by endoushoten | 2008-08-13 17:03 | 今日の1冊

遠藤書店 夏の文庫【16】

f0069799_12571055.jpg

『百人一酒』俵万智著 文春文庫 210円

また酒かよ、と思われるかもしれませんが、また酒です。

酒にまつわる100のものがたり…と思いきや、勢い余って
108もの短篇が楽しめます。もちろん主役は酒、飲み屋、
そしてユカイな飲兵衛たち。

鼻につくウンチクはなく(ものっすごぉおおおく羨ましい話は
いろいろでてきますが)、きどらず軽妙に綴られる酒の
はなしにつられて、ついつい飲み屋にくりだしたくなるはず。
あぁ大人でよかった!!

日本酒、ワインはいうに及ばず椰子酒なんてものまで
出てくるのもおもしろい。いいお店紹介もたくさんでているので
ついついインターネットで営業時間を検索しちゃったりして。

あ、ただただヨッパライというのでなく、短歌のしりとり、
歌ぐさりのエピソードなど、歌人の粋を感じさせるのも流石。

暑くてやる気のでない休日でも、ゴロゴロしながらこの本を
読んでると、(飲み屋か酒屋限定ではありますが)出かける
気になるんだから大したもんです。
天晴、俵万智!(あ2)

本日までのご紹介…32/100冊

#涼をよぶ”青”の酒、『Sapphire and Ice―ボンベイ・
サファイアのための世界のクールバー&レシピブック』
を借景に…。

読む避暑、飲む避暑。残暑お見舞い申し上げます。
[PR]
by endoushoten | 2008-08-13 13:14 | 今日の1冊

J・J 生誕一〇〇年祭り

8月8日は植草甚一さんの誕生日。
今年は記念すべき一〇〇年祭ということで
いろいろ動きがあるようです。

まずは新刊のご案内を
f0069799_1645385.jpg


植草甚一 ぼくたちの大好きなおじさん J・J 100th Anniversary Book
晶文社編集部編 8月1日発売 本体価格2,200円
ISBN 879-4-7949-6732-9
★残念ながら遠藤書店ではお取扱しておりません。新刊書店でお求めください。

表紙からして豪華にテリー・ジョンスン!他にも豪華な執筆陣の
トリビュートブックです。おまけに肉声CDまでついています。

誕生日当日はこんなイベントも!
8月8日、集まれJ・J好き! @cafe&bar Roji(高円寺)

J・Jグッズも製作中とか。楽しみですね~♪

改めまして 、Happy Birthday J・J ☆

晶文社様より情報をいただきました(画像もお借りしました)。
 ありがとうございます。
[PR]
by endoushoten | 2008-08-08 08:08 | その他お知らせ

遠藤書店 夏の文庫100冊 【15】

休みだから、いつもより時間はあるけれど
ピーピーなる洗濯機やら、メールの着信音やら
にいちいち中断されて、大作に挑むのは
ちょっとムリ…そんな主婦仕事に追われる皆様に捧げる1冊。

f0069799_15154857.jpg

『婦人家庭百科辞典 三省堂百科辞書編集部編』 上・下
ちくま学芸文庫 2,500円

コンパクトな文庫版の百科辞典は場所とらずで狭い台所でも
便利♪ ―というより、資料的価値の高い復刻版。
2005年に出たばかりですが、すでに新刊では品切れになって
しまっていますし、古本でもあんまり見ない文庫です(増刷されにくい
タイプの本じゃないかなぁ…)。

元は昭和12年に刊行された戦前のご婦人向けの啓蒙的百科
辞典。死語もたくさん。知っている言葉でもどひゃーと仰天
させるような説明がついていたり、ぱらぱらページをめくる
楽しみがあります。本当におもしろい用語がたくさんあるのですが
それは買ってからのお楽しみ。…あまり出し惜しみするのも
なんだから、大して面白くないところからひとつご紹介。

「八時間労働制」

労働時間を一日八時間、一週間四八時間に制限する制度で
 ~中略~ 欧米各国ではこれが実施をみているが、我国では
未だ一般的に承認されていない。

(うーん、まだまだ昭和は近い、かな…)


さて、百科辞典を読む面白さを疑似体験するならこちら。

f0069799_15275333.jpg

『脅威の百科事典男 世界一頭のいい人間になる!』
A・J・ジェイコブズ著 文春文庫 490円

著者は「エスクァイア」誌の編集者。
昔はそこそこカシコいつもりだったのに、30半ばではっと
気がつきゃ、扇情的なテレビにうつつを抜かす己の堕落
ぶりよ。あぁ、なんてこと!知を取り戻すんだ!
どうやって?知の宝庫ブリタニカ百科辞典を読破して!!

というようなお話です。Aの項目から徐々に読み進めて
いき、本当に最後の項までたどりつくのは天晴れです。
一緒に読んでいるように、新しい知識にドキドキします。

文庫ながら、700ページ弱とボリューム満点ですが、
とにもかくにも活字への愛で満ち溢れており、読ませます。
書庫のサイズも省みず、ついブリタニカを取り寄せたくなって
しまうかも。

この本に関して興味深い話をみつけたので、
翻訳者である黒原敏行氏のブログをリンクしておきます。

Raven's Nest 出版翻訳者:黒原敏行
 ニューヨークタイムズの誤訳話

こ、これはものすごいオチ……今日はいろんな意味でぎゃふんな本を
ご紹介させていただきました。(あ2)

本日までのご紹介…31/100冊
[PR]
by endoushoten | 2008-08-06 15:54 | 今日の1冊

夏季臨時休業のおしらせ

駅からぼんやりと商店街を歩いていると
お皿のひからびたカッパにでもなったかのように
足取りもフラフラ。ほんと、暑くてグッタリです…………。

さて、気分を一新するためにも夏季臨時休業を
いただきます。

8月5日(火) 定休日

8月6日(水) 通常営業(午前11時~午後9時半)

8月7日(木) 夏季臨時休業

お客様には大変ご迷惑をおかけいたしますが
何卒よろしくお願いいたします(なお、休業日は
通販業務もお休みさせていただきます)。

<耳より情報>

すずらん通りを通勤、通学、お買い物、散策にご利用の皆様。
路上で暑さに負けそうになったら、駆け込み寺・遠藤書店へ
避難なさってください。いいんです、冷やかしでも。
少しでも涼んでいってくださいね!クーラーきいてます。
[PR]
by endoushoten | 2008-08-04 14:58 | 営業案内