<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

春の腕力トレーニング

新刊書店と古書店の違いはいろいろありますが、
その一つに「古書店には本のメンテナンスがある」。

埃を払い、ヤニを拭い、ほころびを補強して。
中でも一番厄介なのが「線引き、書込み」を消す作業です。

先日、とある先生のお宅に買取にうかがい、岩波文庫が
ごそっと入荷しました。世界文学、日本文学、古典文学に
「青」と、岩波文庫ファンなら思わずワクワクするような
ラインナップです。

ところがやはり。

大変勉強熱心な方で、あれにもこれにも線引きが…。
線引きのある本というのは、残念ながら、がくんと
商品価値が下がってしまいます。

ではどうするか。

・「線引き」があることを明記してたたき値で売るか

・消せるものなら気合をいれてきれいにするか

のどちらかです。ボールペンや蛍光ペンなどがんばりようの
ないものは迷わず前者。読めればいい、という人には
とても嬉しい商品になります。

線引きのある本でも持ち主の性格によっては
前半みっちり後半サッパリで割と消すのが楽なこともあります。
上下巻で下巻は美品というのも珍しくありません。

しかしながら今回は違います。どれも油断なく最後までしっかり
読み込んだ軌跡が残っています。

くぅ……。手強い。

単価が高くない本にはあまり手をかけられないもの実情ですが
せっかくの本だから、きちんとした状態でお店に出してあげたい
親心もあるのです。

そんなわけでせっせこせっせこチマチマと消しゴムをこする日々です。

古本屋の裏話。線消しで一番やっかいなのはなんだと思いますか?

それは「つい読んでしまうこと」なんです。わざわざ線を消そうという
ほどの本ですから、面白い良書ばかり。それを読まずに線を追う
のはなかなか苦しい作業です。見落としがあってもいけないから
しっかり見なくてはいけないけれど、読んでいては仕事にならない。
本好きならこのジレンマをおわかりいただけるでしょう。

人は思考するもの。わたしは考えました。
天地を逆さにして後ろから消していけばいい!!

レジカウンタで、そんな姿をみかけたら、その本はよほどおもしろい
本なんだろうなぁとお考えください。

(あぁー、でもめんどくさい!線引きありの安値で自分で買って
しまおうかと逡巡しながらもひたすらゴシゴシ)

本当に欲しい人のもとに渡りますように。ゴシゴシ。ゴシゴシ。
[PR]
by endoushoten | 2008-04-23 15:59 | すずらん通り本店

包んで結んで

昨日、一昨日の暴風雨ですっかりソメイヨシノも散ってしまいました。

重箱にお弁当つめて、風呂敷でぶらさげて…そんな雅なお花見は
楽しまれましたか?

今日はまずステキ女子っぽいこちらの本からご紹介。
f0069799_15453441.jpg

『ふろしきと手ぬぐいの本 包んで、飾って、まとう布』
京都和文化研究所 むす美/株式会社ケイス監修 山海堂刊 520円

装丁だけでもステキ女子っぽい本ですが、本文はステキ女子度
MAXです!ほら、こんな感じで。チラリ。
f0069799_15481177.jpg

か、かわいい…カフェでこんな女子が隣にすわっていたら、一目ぼれ
してしまいそうです。詳しい包み方や「原稿用紙柄のふろしきどこで
買えるの~」などは、お手にとってのお楽しみ。ノートパソコンから
缶ビール3缶まで、なんでも包んじゃいます。エコバックより
もっとおしゃれかも!

ちょっとかわった本がお好きな方におすすめなのが
f0069799_15582723.jpg

『結び方全書』武内元代編 池田書店刊 520円

これは「結び」のトルコライスだー!とへんな感動を呼び起こします。
実用書なのにビザール、ストレンジだけど役に立つ。あぁもう、えい。
f0069799_1614593.jpg


人生で何度たんすを包むことがあるでしょうか。でも、なるほど
ここはびしっと井の字型結びなのか。
ゴツゴツしたもの、というくくりにもぐっときます。読者の役にたちたいと
思えばこそジャンルのとりこぼしは許せませんものね。

羽織のひもから、水引の飾り結び、自在結びにヒューラー結びは
もとより、包帯、ネクタイ、スカーフの使い方、はては紐のマジック
クローバーの花輪まで、とにかくとことん結んで結んで結びまくり!

載っていないの縁結びの方法くらい?とオヤジっぽくなったところで
本日のご紹介の結びとさせていただきます。
[PR]
by endoushoten | 2008-04-09 16:13 | 今日の1冊

もしかしたら楽しいのかもしれない

新学期ですね。経堂の街も心なしかフレッシュな
雰囲気を感じます。

学生のころは、クラスメートはもちろん、新しい先生が
どんな先生になるか、ドキドキビクビクしたものです。

不幸にも相性の悪い先生にあたってしまったら
その教科が嫌いになってしまったり…誰しもそんな
経験があるのでは?

わたしの場合は数学がそれ。すっかり苦手意識が
出来上がってしまいました、コチコチに。

でも、ですよ。ひょっとして、もしかしたら数学って
案外面白いのかもしれないよ?

自分にそういい聞かせるような小特集を組んでみました。
場所はいつもの入り口脇です。

f0069799_1594873.jpg


xやらyやらをいきなり並べられると倒れそうになってしまいますが
パズルならなんとかページを開く気持ちになるかもしれません。

数学者のおもしろい日常を知れば、すこしは数字に親しみが
もてるかもしれません。

地味ぃに、手の届くところから入門してみるのはどうでしょう。


昨今の『品格』本には辟易している方も、向上心の大切さは
承知済みですよね。さぁ4月。がんばるにはいい季節です。
[PR]
by endoushoten | 2008-04-07 15:19 | すずらん通り本店