<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ビール文学から2人のアランへ

日頃ビールを愛してやまない身としては、ただダレダレと
飲むだけでなく、未だ確立されていないビール文学を
開墾せねばと、虎視眈々、書棚を眺めても
「ビール」が小道具になっている小説は数あれど、
そうではなく銘柄をも活かした作品となると、めったに
ぶちあたることはなくて。シュポンとまた寂しく栓を開ける
日々。あぁ君たちよ文学になれと願いながら。

そんななか、久しぶりにみつけたのがこちら。

f0069799_12112012.jpg

『朝日のようにさわやかに』恩田陸著 新潮社 630円
さすが、ビール好きで知られる恩田陸です。この本は短編集で
するっと余韻を残しながら通り抜けていく作品群の数々。
なかでも一番最後の表題作はビール文学指数100をマーク
(って勝手に認定)。スイングトップのグロールシュのボトルで
ここまで世界が広がるなんて!

恩田陸の作風のひとつにオマージュの多用があげられるでしょう。
なかでも『夏の名残の薔薇』(現在在庫なし)は、引用量の多さで
印象深い一作でした。

読まれた方はご存知でしょうが、アラン・レネの名画『去年
マリエンバートで』がこれでもかというくらい大胆に
ちりばめられています。

『去年マリエンバート』の脚本を書いたのはアンチロマン、
ヌーボーロマンの旗手としてしられるアラン・ロブグリエ。

f0069799_12305294.jpg

『嫉妬』ロブグリエ著 新潮社刊 2,100円
・『消しゴム』『覗く人』に続く第3作目。函入り、昭和34年刊、初版。

彼の訃報が届いたのはつい最近のこと。
偉人の死を悼み、心よりご冥福をお祈りします。



(アラン・レネの『世界の全ての記憶』は本好きなら必見。
 DVDで出ていますので是非に。)
[PR]
by endoushoten | 2008-02-21 12:40 | 今日の1冊

○○を探す本 あれやこれや

Googleの検索を使わない日なんて
一日たりとないのでは?と思いますが
世の中にはまだまだGoogleだけでは
調べきれないこともあるようで…

f0069799_17315148.jpg

『ムンクを追え!『叫び』奪還に賭けたロンドン警視庁
 美術特捜班の100日 』 エドワード・ドルニック著 光文社 630円
・美術品は盗まれやすく、見つけにくい!?2006年に刊行された本
ですが、ここで扱われるのは1994年の盗難事件。その後また盗まれ
また見つかったことを覚えている方も多いことでしょう。これ以上名画が
危険にさらされないように祈るばかりです。
なんだか「やーめーてーーー」と叫んでいるようにも
見えてきたりしませんか?

f0069799_17425245.jpg

『世界最高の切手「ブルー・モーリシャス」を探せ!
 コレクターが追い求める「幻の切手」の数奇な運命』
ヘレン・モーガン著 900円
・小さな紙切れが驚くほどの値段だなんて!普段郵趣になじみのない
人でも読みやすいノンフィクションです。
ちなみに日本郵趣協会ではオークションも
行っているそうです。門外漢は落札結果をみてびっくり!
切手も本も、その価値に気がつく人がいないとゴミとして
消えていってしまうのがさびしいところです。
本は捨てる前に古本屋へ!

f0069799_18262678.jpg
『原寸イラストによる落葉図鑑』吉山寛著 石川三枝子画
文一総合出版 1,050円
・捨てるものあれば拾うものあり、落葉の季節は過ぎたけれど
はらりと散る葉を手に取り「はて この木なんの木?」
そんな時の力強い見方がこちら。
原寸大で、しかも白黒の線画というのが実に検索向きで
葉脈や腺毛までばっちりです。充実した内容ながらコンパクトな
サイズなので、お散歩のお供にぜひ!

ところで。注文をいただいた本を書棚から探し出そうとすると
かくれんぼ好きな本がいたりします。さんざんしらみつぶしに
探したつもりでも見つからなくて、他の人に探してもらうと
ひょっこりさっき見た棚にあったり…うーん、古本屋の七不思議
入り決定です。
[PR]
by endoushoten | 2008-02-18 18:36 | 今日の1冊

バレンタインなので♪

経堂すずらん商店街では、本日
2月14日より2月29日までバレンタイン企画を開催中☆

通常はすずらんスタンプ満貼台紙1冊で500円分の
お買い物券としてお使いいただけるところ

 1冊700円分
にて、大サービス!遠藤書店だけでなく、すずらん商店街の
加盟店全店にて行っております。

まぁ正直バレンタインとあまり関係ないような気がしなくもないですが
本命義理チョコに、マイチョコ友チョコとなんでもありの昨今の
バレンタインですから、深く考えずお手持ちのすずらんスタンプを
ご活用くださいませ。

「あとちょっとでたまるのに…」そんな方は遠藤書店で大人買いを。
大根1本ではなかなかたまらないすずらんスタンプも、気になっていた
あの本を買えばあっという間かもしれませんよ!

では、皆様よいバレンタインを。

(しかし、どうして「ちょこ」を変換すると最初に「猪口」がでるかね。
 皆さんのPCではいかがですか?まさか学習の結果では…)
[PR]
by endoushoten | 2008-02-14 15:21 | その他お知らせ

優等生の本

灯油もカップラーメンもビールも値上げ。
連日値上げのニュースばかりで、財布も
青ざめるというもの。

そんなときに、慎ましやかにほほえみかけてくれるのが
3パック68円の納豆!!(実はそのあと52円というのを
別のスーパーでみつけてションボリ)

栄養も豊富で疾病予防にも効果的、そして
なにより家計に優しい、優等生食材です。

さぁ、今日はそんないいこを褒め称えようでは
ありませんか!

f0069799_14451614.jpg

[写真左]『納豆万歳』永山久夫著 一二三書房 520円
・納豆ラブ♪が詰まった1冊。納豆の効用から薬味のいろいろ、
 郷土の納豆、手作り納豆入門では藁づとの縛り方まで伝授。

[写真右]『からだにやさしい食材の本』アイシスガイアネット編
飛鳥新社 450円
・安心でおいしい納豆をお取り寄せしたくなったらこちらを。
 え。亜硫酸ナトリウムを使っている納豆もあるの??
 なんだか不安になってきました…

食の安全について、関心が高まる昨今ですが、レジ前には
こんな本も揃えております。
f0069799_14555034.jpg


過剰に気にしすぎるのもかえってよくないような気もしますが、
無関心よりは知識をつけて考えるにこしたことはありませんよね。

あぁ、昨日買った納豆はどうなんだろう……心配してても
仕方ないので、とりあえずお揚げの袋納豆にして食べちまおう。
おかかと刻みねぎも混ぜて。そうだ今晩はぬる燗で雪見酒と
いきましょうかね。あぁ、醗酵ってステキ!
[PR]
by endoushoten | 2008-02-06 15:02 | 今日の1冊