<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今日はこんな仕事を

f0069799_1705945.jpg


6月22、23日の五反田古書店には多くの方にご来場いただき、
そしてお買い上げくださりありがとうございました。

今日は南部古書会館から引き上げてきた「目録注文の本」の
発送業務に追われています。

目録注文では、申し込み多数の場合は抽選となり、原則として
結果は発送をもってかえさせていただいております(もちろん
お問い合わせくだされば当店分の当選結果については
お調べいたします)。

ご注文いただいた全ての方にお送りしたいところですが
どうしても人気集中の本だと抽選になってしまうのが
心苦しいところです。

配送ご希望の方には、今日中には出荷いたしますので
本の到着を楽しみにお待ちくださいね!

本との素敵な出会いがうまれますように…
[PR]
by endoushoten | 2007-06-25 17:10 | すずらん通り本店

(もっとジメジメしてるはずだったのに…)

入り口脇の特集コーナーを入れ替えました。
自伝、評伝本特集に続きましては…
f0069799_17115794.jpg


いらいらしたりクヨクヨしたりするときに頭を冷やし、気持ちを
慰め、あるいは奮い立たせるような本を集めてみました。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 嫌な奴がいる?小手先のテクニックでいい気にさせておけば
 被害も少なくなるでしょう。大人の手練手管でストレスフリー!

 バカばっかりで頭にくる?全くですよね。でもバカに振り回される
 自分もバカだったりして。もっと上から俯瞰して考えるレッスンを。
 そう、バカを相手にしている暇はないのです。

 あーもーなんかしらんが腹立たしい!!日頃感じているモヤモヤ
 にはずばっと快刀乱麻なエッセイでもどうぞ。車内での読書では
 思わず快哉を叫ばぬように。

 何回言えばわかるの?実は説明下手だったりしませんか?
 いらいらの根源は自分だったりして。情報はきちっとデザイン
 して伝えましょう。

 また失敗しちゃった…もうダメかも……。そういう時こそ
 発想の転換を。案外捨てたもんじゃないかもしれませんよ。

 それでももう限界、耐えられませんっ!!!リセットしちゃる!
 問題を断ち切る決断をすべき時もあるでしょう。
 自分に不利にならないように知恵をつけてから、ね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

というような本を集めてお待ちしております。この手の本は需要も
多いのか、豊富に出版・流通しているような気がします。
どんどん補充していきますので、時々覗いてみてくださいね。

#いらいらしてる人やクヨクヨ悩んでいる人が皆無だとこのコーナーの
 意味がないなぁ。意味がない特集組んじゃったかなぁ(クヨクヨ)。
[PR]
by endoushoten | 2007-06-18 17:34 | すずらん通り本店

すずらん商店街よりロゴマーク募集のお知らせ

遠藤書店も加盟している経堂駅北口の
すずらん商店街では、商店街のロゴマークを
募集しています。


採用された方には金一封のご用意があるようなので
ご興味のある方はぜひどうぞ!

ついでにぬけめなくコマーシャル。
f0069799_1634486.jpg

[写真左]『トレード・マーク/シンボル・マーク 世界のマーク集』
梧桐書院 1,570円
・そのものずばりな内容です。昭和47年刊の本なので、
 CIで替わってしまったなつかしのロゴなど多数で資料的価値
 も高い一冊です。

[写真右]『形のパフォーマンス [パターン編]』
エーム クリエイティブ プロダクツ 700円
・行為を表す言葉をキーワードに設定し、その形をパターンにした
 サンプル集。単純な形でも、たくさんの情報を盛り込むことが
 できるものだなぁと、いろいろヒントになります。
 「すずらん商店街」のキーワードを何に設定するか、が
 ロゴ作成の決め手でしょうか。
[PR]
by endoushoten | 2007-06-18 16:16 | その他お知らせ

第137回(通算205回)五反田古書展

■会期
6月22日(金)
10時~18時(外台は9時半開場)

6月23日(土)
10時~17時

■会場
南部古書会館(五反田駅より徒歩3分)
〒141-0022
東京都品川区東五反田1-4-4
TEL:03-3441-3975(即売展開催中のみ)

毎年6月と12月の年2回開催される
五反田古書展に遠藤書店も参加します。

新橋古本まつりが割と一般向けだとすると
五反田古書展は古書マニアの方も多数
いらっしゃる即売会で、独特の雰囲気を
味わえるかもしれません。

五反田古書展では目録販売も行っています。
↓目録ってこんな感じ
f0069799_151101.jpg


ブロードバンド時代になんともアナログな佇まいですが、
わずかな情報をもとにお宝を釣り上げる楽しみは
なんともいえません。

専門性を強く打ち出しているお店、店主こだわりの
「紙(注:書籍の形ではないもの)」で勝負のお店…
とそれぞれの古書店ごとに特色のある目録は、
買うつもりがなくても、ながめるだけでも楽しめます。
半身浴の暇つぶしにも持ってこいかもしれません。
(読みふけって興奮のあまりのぼせる危険性あり)

わが遠藤書店は幕の内弁当よろしく広範な品揃えで
参加いたします。どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by endoushoten | 2007-06-14 15:19 | 古本まつり(外売り)

今日はなんの日?連想クイズ

さて、今日はどんなことがあった日でしょうか。

まずはヒント。
f0069799_1517646.jpg

写真左より
『皇妃エリザベート』『皇妃エリザベート ハプスブルクの涙』
マリールイーゼ・フォン・インゲンハイム著 集英社文庫
(2冊 420円)
『東京ディズニーランドナビガイド 第2版 メモリーノート&シールつき』
講談社 (310円)
『舞姫 うたかたの記 他三篇』森鴎外著 岩波文庫 240円

これらに共通することといえば…。
勘のいい方はおわかりでしょうか。

とどめのヒントです。
f0069799_1523465.jpg

写真左より
『とんぼの本 ドイツ・ロマンティック街道』(見開きの写真です) 
小谷明 阿部謹也 坂田史男 他 新潮社(520円)

『ドイツ地ビール 夢の旅』相原恭子著 東京書籍 (630円)

1886年の今日、バイエルン四代目の国王ルートヴィヒ2世が
謎につつまれた水死体となって発見されました。

ルートヴィヒ2世といえば、ロマンチック街道の一大観光
スポット、ノイシュヴァンシュタイン城を造ったことで知られています。
東京ディズニーランドのシンデレラ城のモデルとなったこの城は、
その優美さなどから白鳥城の名でも呼ばれ、現代の人々にも
広く愛されています。

森鴎外のドイツ三部作のひとつ『うたかたの記』は、ルートヴィヒ2世も
主要人物になっている、さまざまな狂気を描いた作品です。

うたかた…といえば、なにか泡立つ飲み物をつい思い描いて
しまうのは悪いくせでしょうか。

読書のお供には、バイエルン王家の末裔が造るカルテンベルク醸造所のビールをオススメします!(『ドイツ地ビール夢の旅』に詳しく
紹介されています)
[PR]
by endoushoten | 2007-06-13 15:53 | 今日の1冊