<   2007年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

記念日じゃなくて記念の日

2月11日は建国記念の日ということで、
おもての小特集コーナーに「日本」に
関する本を集めてみました。

f0069799_15392258.jpg


日本の「歴史」「地理」「政治」「文化」「日本人」…
あ、日本の心、「日本酒」が抜けていましたね。
あとで補充しておきます!
[PR]
by endoushoten | 2007-01-31 15:43 | すずらん通り本店

まだ続く『人はなぜ』の本

人はなぜ

続・人はなぜ

続々・人はなぜ

続々々・人はなぜ

今年初の『人はなぜ』本の紹介です。
f0069799_1948481.jpg


[写真左]『人はなぜ勉強するのか 千秋の人 吉田松陰』
岩橋文吉著 モラロジー財団 450円
・誰でも「なんで勉強なんかしなくちゃいけないの?」と思った
 ことならあるはずです。ひところのお決まりのセリフ、「いい学校、
 いい会社にいくため」が空しく響く今日こそ「勉強」の意味を
 深く考えることができるのかもしれません。世田谷ゆかりの偉人
 吉田松陰に学びましょう。

[写真右]『ヒトはなぜ戦争をするのか? アインシュタインと
フロイトの往復書簡』養老猛司解説 花風社 520円
・1932年に国際連盟に「人間にとって最も大事だと思われる
 問題をとりあげ、一番意見を交換したい相手と書簡を交わし
 てください」と依頼されたアインシュタインが選んだテーマは
 戦争。お相手はフロイト。520円じゃ申し訳ないくらい深い
 内容です。当時の時代背景ももう一度「勉強」しなおさねば!

まだまだこのタイトルの本、出てきそうです。最近リニューアルした
日本の古本屋のサイトで検索したら339件もヒットしました(※)。
一度で「ヒトはなぜ」も「人はなぜ」も「ひとはなぜ」も同時に検索できる
ようになったので、便利になりましたよ(書名がはっきりわかっていれば
完全一致検索で必要な本だけ探すこともできます)!

※登録件数なのでタイトル数ではありません
[PR]
by endoushoten | 2007-01-29 20:26 | 今日の1冊

自分用だから盛り上がるんだけれど

伊勢丹新宿店では昨日から恒例のサロン・ド・ショコラ
始まり大変なにぎわいのようです。

世界中から名だたるショコラティエが集結して、そりゃあ
もう大変なものです(お値段の方も…)。
なんにも知らずにぷらっと覗いても、なにがなんだか
わからないかもしれません。

そんな時は予習!しっかりぬかりなく情報を叩き込んで
出撃です。
f0069799_13303627.jpg

[写真奥・左]『おいしいチョコレートブック』
日本チョコレート・ココア協会 ナツメ社 630円

[写真奥・中央]『チョコレートの博物誌 ショトルシリーズ』
加藤由基雄・八杉佳穂著 小学館 520円

[写真奥・右]『もう迷わないチョコレートの本 旺文社ムック』
旺文社 520円

チョコレートのウンチクとブランドについての基礎力は
これでバッチリ。会場でオロオロすることはないでしょう。

もっと深くショコラを追求したくなったら時の必読書は
[写真手前・左]『チョコレートものがたり フランス流チョコレート
の楽しみ方』小椋三嘉著 東京創元社 840円

チョコレートの歴史や文学の話なども豊富で、チョコレートは
単なるおやつではなく、大人の嗜好品なのねと実感ます。
ベッドサイドに置いて、お休み前のカレ(彼じゃないです)
とともに楽しみたくなる1冊。

ところで、なぜここに『マノン・レスコー』アベ・プレヴォ著(200円)が?
ベルギーに扇の形をした「マノン」というチョコレートがあるのです。
もちろんあのマノンからとった名前です。数年前のバレンタイン
シーズンには小田急oxで売っているのをみて、ぎょっとしたもの
です。普段の贈り物にはいいだろうけれど、バレンタインに
「マノン」て…。理由がわからなければ、ぜひご一読を。

**ご近所様むけ耳より情報**
 小田急ox経堂店でヴァローナのグアナラのタブレットが
 30%offになっているのを発見!仕事が終わったら
 買いに行こうっと♪まだありますように…
[PR]
by endoushoten | 2007-01-25 14:13 | 今日の1冊

朝の風景

今朝もお店についたら、机の上には本がいっぱい!

f0069799_10583538.jpg


皆さんが古本屋をのぞくときに「どれどれ、今日はどんな
本が見つかるかな?」とたのしみにされるのと同じで
「今日はどんな本が入荷してるのかな?」というのは
朝イチのたのしみなのです。

どうやらいい本がたくさんありそうです。
今日も一日がんばります。
さあさあ未整理タワーを解体しなくっちゃ!
[PR]
by endoushoten | 2007-01-24 11:48 | すずらん通り本店

読むと一度は精神に異常をきたす?

そんな文句で有名な夢野久作氏の本の紹介です。

友人に薦められ読み始めたのですが、ここ数日頭がぐるんぐるんしています。
頁をめくればめくるほど展開される摩訶不思議な世界にどっぷりです。
皆さんも一度ぜひこの世界に浸ってみてはいかがでしょうか。
精神に異常をきたさないことを祈っています。

夢野久作全集月報に寄稿している唐十郎の本もあわせてどうぞ。
表紙がなんとも素敵です。

f0069799_16221159.jpg
[写真奥一番左]『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』 唐十郎
角川書店 520円

[写真奥左から二番目]『電気頭』 唐十郎
文藝春秋 520円

[写真奥左から三番目]『紅疾風』 唐十郎
学芸書林 620円

[写真奥右]『夢野久作全集1』 1,050円
『夢野久作全集3』 1,050円
『夢野久作全集4』 1,260円

[写真手前]『夢野久作全集5』 1,260円
[PR]
by endoushoten | 2007-01-22 16:44 | 今日の1冊

東京古書組合南部支部のオフィシャルサイト

遠藤書店も加入している東京古書組合南部支部の
オフィシャルサイトがオープンしました。

『南部ゲンダイ』なんていうblogも始まっています。
即売会の情報もアップされますので、古書好きは
要ブックマークですよ!

あなたの街の古本屋―東京古書組合南部支部―
[PR]
by endoushoten | 2007-01-18 15:58 | その他お知らせ

入り口脇特集コーナーかえました

好評のため、『読む 書く 伝える』特集を続けて
おりました入り口脇(店内はいってすぐ右側)の
特集コーナーを久々にかえました。

f0069799_15275313.jpg


まぁ、あまりにベタですが「愛」とか「恋愛」とか
「好かれる」とか(「飽きちゃう」とか)
そんな本を集めました。

甘酸っぱい初恋から、打算と下心にまみれた
手練手管の愛までさまざまな形の愛があると思います。

古典的名作の小説から学ぶもよし、もっと実践的な指南書で学ぶ
のもありでしょう。

本は人生の先生です。反面教師もいるかもしれません。
おいしいショコラをつまみながら読んでみませんか?
[PR]
by endoushoten | 2007-01-18 15:35 | すずらん通り本店

ちょっと役にたつ話

足元に連なる未整理山脈から、眺め抜群の本棚
最上階までみっちりと本のつまった遠藤書店。
なかには取りにくい場所もあるかもしれませんね。

手の届かない所にある本は、店員にお申し付けいただければ
お取りいたします(※)。見たからといって買わなくてはならない
わけではありませんので、どうぞお気軽にお声をおかけください。

…とはいっても、なんだかいちいち頼むのは気が引けるなぁ、
という時はこの踏み台をご自由にお使い下さい。
f0069799_17363511.jpg

(だいたい入り口両脇の角に置いてあります)。

気になる本のある場所へチョイと運んで(ローラーがついている
ので足で転がす事だってできます)、えいと強く踏み込めば
ストッパーがきいて動かなくなります。とっても便利!

さぁ、たまには胸を反らして上のほうのお宝も探してみませんか?

(※)ごく稀に店員より背の高いお客様にご協力をお願いする
場合があるかもしれません。その際はよろしくお願いします。
[PR]
by endoushoten | 2007-01-15 17:55 | すずらん通り本店

しりとり必勝法

お金も道具もいらない、目をつぶってもできる暇つぶしなら
『しりとり』が最高です(最低二人いないとだめですが)。

大人になってから『しりとり』で負けると妙にくやしい…。
そんなときはちょっとネタを用意しておきましょう。
頼りになるのはやっぱり辞典類。

f0069799_1355077.jpg

『デイリーコンサイス カタカナ語辞典 第2版』三省堂 1,200円

ラ行など、どうしても日本語だけでは数のたりない言葉もあります。
しりとりネタを仕入れるついでに、なんとなく知っているけれど
きちんと説明できない単語なども一度調べておくと安心です。
カタカナ語の「千早振る」はなんともみっともないもの。
塩崎官房長官目指してがんばりましょう!?

カタカナ語辞典が防御のためならば、
攻撃のために有用なのがこちら!

f0069799_1405234.jpg

『逆引き 広辞苑』岩波書店辞典編集部編 1,500円

なんと、「しり」から引く辞典なのです。なにがきても「…る」で返し、
相手を『る』責めにすれば勝利は目前。

お子様の語彙力をのばしたいなら、暇があるごとに『しりとり』
遊びをしてあげてくださいね!ちゃんと意味を聞きながら進める
と言葉が身につきます。

思いがけない人から思いがけない単語が出たりするのも
面白いものです。みなさんもぜひ、『しりとり』してみてください。

では、わたくしから。「遠藤書店」…あ、終わっちゃいました…。
[PR]
by endoushoten | 2007-01-11 14:19 | 今日の1冊

すずらんスタンプちょっといい話

すずらん商店街の共通サービス、すずらんスタンプ。
お買い上げ100円につき1枚スタンプを差しあげております。
100円単位だから、大根を買ったり、電池を買ったり、均一本を
買ったりと毎日のお買い物でちょこちょことためられるんです。

台紙いっぱいにたまると500円分の金券になるすずらんスタンプ。

今月は特別サービス月間として

 通常500円分 → 700円分

としてご利用いただけます。

日頃ためたすずらんスタンプを使うチャンスですよ!
1月31日までの期間限定ですのでお見逃しなく。

※すずらんスタンプについて詳しくは
 すずらん商店街のサイトを御覧下さい。
[PR]
by endoushoten | 2007-01-08 14:52 | すずらん通り本店