<   2006年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

晴れると嬉しい

ようやく梅雨もあけて気持ちよく晴れ上がりました!

古本屋巡りの楽しさのひとつに、均一コーナーの
掘り出し物探しがありますよね!

f0069799_174586.jpg


ここのところ湿っぽいお天気続きだったので、なかなか
出せる日がなかったのですが、これからはもう大丈夫
でしょう。ばんばんお買い得品を出しますのでどうぞ
お立ち寄り下さい。

では、blogを御覧の皆様に『均一攻略法』をご伝授しましょう。

 「とにかくコマメにチェックすること」

えー、それだけ?と思われるかもしれませんが、そうなんです。

ご近所なら、どうぞ行きも帰りも覗いてみてください。
こっそりお宝が埋もれているかもしれません。
全体をごっそり入れ換えているわけではないので
ぱっと見代わり映えがしないようでも実は
どんどん新しく本を出しています。

まず、開店時に本を補充します。営業中も本が売れると
穴を埋めるべく補充しています。

あれ、さっき見たときはなかった本が!なんてことも
ままあるのです。変わらないのは1冊105円のお値段だけ!

(全天候型の農大通り支店・均一コーナーもご活用ください)
[PR]
by endoushoten | 2006-07-31 17:17 | すずらん通り本店

衣装

経堂まつりでたくさんの方が浴衣を楽しまれていましたね。
色鮮やかで、みなさんとても素敵で涼しげでした。
浴衣は、着ている側も以外と涼しいものなのですね。
これなら祭り以外でも楽しめそうです。
f0069799_239835.jpg

[写真中]『The Hawaiian Shirt』 
H.Thomas Steele著 ABBEVILLE 1,050円
*夏本番、海、となれば〜アロハシャツ!ですかね。
ビンテージのアロハシャツ満載。カッコイイです。

[写真左]『COSTUME PATTERNS AND DESIGNS 』 
MAX TILKE著 MAGNA BOOKS 2,800円
*たくさんの国の民族衣装。衣装の前後、表裏などの詳細。
様々な色、形、人を楽しめます。

[写真右]『芹沢けい介展回録』 朝日新聞社 1,200円
*まさに用と美が備わった工芸家・染作家。
鮮やかで美しい実用品の数々。
(パソコンの関係で「けい」という漢字が表示できません。申し訳ありません。)

民族衣装は、様々な条件から作られてきました。
まさに用と美が一体となったものです。
もちろん、私達が着ている服もとても素晴らしいものばかりですが、
たまには違う衣装を着てみるのも楽しいですね。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-28 23:37 | 今日の1冊

本の駅・経堂

経堂エリアにお住まいの皆さんなら今日この日を
楽しみに待っていたことでしょう!

本日、経堂駅高架下に経堂図書館が開館しました。

街の規模から考えると今までなかったのが不思議なくらいで
図書館は経堂住民の悲願でもありました(大げさですね)。

そんなわけで、仕事の合間をぬってさっそく行ってきました。
経堂図書館は貸出メインで閲覧室はありません。
こども向けのコーナーとビジネスコーナーに大きくスペースを
割いているのが印象的です。
今日はオープン初日ということで、ごった返しており図書館と
いうよりどこかのショッピングモールにいるかのような雰囲気でした。

じゅうたん敷きの館内は靴の音が響くこともなく快適です。
(これでもうちょっと館内でのおしゃべりが減ればもっと
いいと思うのですが…)

さてさて、今日の1冊は図書館に関する本です。

f0069799_15245082.jpg


[写真左]『図書館・情報学概論 第二版』津田良成編
勁草書房 500円

[写真右]『新訂 図書館活用術 -探す・調べる・知る・学ぶ―』
藤田節子著 日外アソシエーツ 630円
・活用の肝は「図書館員に相談すること」だそうです。
 経堂図書館には気軽に利用できるオーパック(オンライン所蔵目録)
 端末も用意されています。でも図書館員さんの専門知識ほど
 心強い見方はありません。

かねてより公募していた経堂図書館の愛称は『本の駅』に
決まったそうです。たくさんの利用者が来ては流れていくさまは
なるほど駅のイメージです。

『本の駅』のある経堂が本好きにとってつい寄りたくなる街に
なるよう遠藤書店も微力ながら貢献したいと思います。

 ~みなさんにどんどんいい本との出会いがうまれますように~
[PR]
by endoushoten | 2006-07-26 15:55 | 今日の1冊

まつりの余韻

経堂まつりも無事終わりました。
翌日の月曜日、いつもの農大通りを通りながら、
その平常さに、何か狐につままれた気分でした。

遠藤書店も初参加しました。
後日談になりますが、おまつりの余韻を少しばかり・・・

遠藤書店は初参加ということもあり、店先に小さな出店を出しました。
こけしの「輪投げ」、お猪口に蝶が舞う「蝶々おとし」に景品の「駄菓子」。
f0069799_23264220.jpg

こけしとお猪口。
これは、先代の社長が趣味で収集していたそうで、
そのうちの一部を拝借させていただきました。
先代の社長のお顔をした、こけしに角を生やして・・・
ゲームの面白さを少しばかりプラスしたくて、つい。
(実際の、先代の社長はとても温厚な方です。誤解のないように。笑)
f0069799_2328882.jpg

駄菓子。
今は、だいぶ減ってしまった駄菓子屋さん。それだけに、とても懐かしい。
遠藤書店本店(すずらん通り店)の斜め向かいには、まだ駄菓子屋さんがあります。
その駄菓子屋さんの前を通るとき、自転車を漕ぐ足も自然とゆっくりになってしまいます。
いつも、こどもたちで賑わっており、微笑ましい光景なのです。
そんな光景も関係あってか、どうか。遠藤書店スタッフにも駄菓子好きが多く、
お祭りの出店の景品は、スタッフの強い希望により駄菓子に決まったわけです。
いつもとは違う、とっってもかる〜いダンボールから駄菓子を出して、
駄菓子の山を古本そっちのけで整理しているときは、おかしくてニヤニヤしてしまいました。

そのような、お祭りを楽しめたらいいよね〜といった調子で参加してみたのですが、予想以上の大反響!気づいたら、行列ができていました。
経堂には、こんなにたくさんの“ちびっこ”がいたのですね!
f0069799_23271634.jpg
f0069799_23274331.jpg
f0069799_2348952.jpg

スタッフ一同大変楽しませていただきました。
どうもありがとうございます。
また、来年のお祭りが今から楽しみであります。

f0069799_23282780.jpg

[PR]
by endoushoten | 2006-07-25 22:26 | 農大通り支店

夏休みセールのお知らせ

お天気はあまりよくありませんでしたが、
経堂まつりも無事終了。

遠藤書店は初参加だったのですが、
おかげさまで大盛況!ありがとうございました。

さてさて、農大通り支店では夏休みセールとして

 マンガ、児童書10%OFF

でご奉仕中です。7月31日(月)までの期間限定
サービスですので、どうぞこの機会にご利用ください。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-24 11:59 | 農大通り支店

まつり!本番!

経堂まつり始まります。

明日22日、明後日23日開催です。
今日も前夜祭としてステージでの演奏や
農大通りがライトアップが行われていました。
もちろん、盛り上がること間違いなしですね。

農大通り店でも祭りに参加します。
二日間16時より、こけしに『輪投げ』や
お猪口に蝶が舞う『蝶々おとし』
景品には「駄菓子」がいっぱいです。

ぜひぜひ遊びに来て下さい。
お待ちしております。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-21 22:13 | その他お知らせ

第二弾ですが・・・

一日に一度は雨が降りますね。
いつ降られるかわからないので、傘が手放せない毎日です。


今回は全く雨とは関係ない本の紹介です。


以前も一度「猫」特集をしましたが、

なぜだか猫の本がたくさん集まってくるので、再び紹介させていただきます!にゃん!


f0069799_0423939.jpg


[写真左]『猫のしくみ 雄猫フランシスに学ぶ動物行動学』 
      アキフ・ピリンチ/ロルフ・デーゲン著 鈴木 仁子訳 早川書房 630円
[写真右]『ネコの探求』 今泉 吉晴著 平凡社 520円

・猫の研究の2冊。知っていたつもりの身近な猫さんですが、知らないことがいっぱいです。
 例えば、『ネコの探求』より、雄猫が子猫を食べてしまう状況は・・・



f0069799_057555.jpg


[写真左]『猫の話』 「猫びより」編集部 日本出版社 520円
[写真右]『佐野洋子画文集 あっちの女 こっちの猫』 佐野 洋子画・文 講談社 520円

・こちらは猫のお話の2冊。作家さんは猫好きな方が多い気がしませんか?
 『猫の話』は、作家さんがそれぞれに猫をテーマにお話を書き下ろしています。
 『佐野洋子画文集 あっちの女 こっちの猫』は、絵本のような作りですが、大人向けだと私は思いました。身勝手な女と奔放な猫の関係を猫の視線から描いています。

f0069799_23214053.jpg


[写真左]『Cat and Mouse in the Night』 Tomek Bogacki FSG 520円
[写真右]『ねこの絵集』 ジャン=クロード・スアレス/シーモア・クワスト著 
      クイック フォックス社 630円

・『Car and Mouse・・・』は全文英語の絵本ですが、すごく簡単な単語ばかりなのでスラスラ読めます。子どもの英語の勉強にもいいかもしれません。絵もほんわかとして、暖かいお話です。
『ねこの絵集』は題名そのままで、各国の猫の絵を集めたものです。誰でも一度は見たことがある有名な絵から、珍しい絵まで解説付きで楽しめます。私は個人的にジョン・レノンが描いた絵が好きです。


f0069799_23113822.jpg


『猫がよろこぶ写真の撮り方』 新美 敬子 河出書房新社 520円

・「道で良く会う猫を撮りたいのにシャッターチャンスをのがしてしまう!」
 「飼っている猫がじっとしてくれない!」  猫好きな方なら誰でも一度はこんな悩みにぶちあたるはず。それらを解決するならこの本。可愛い猫の写真もたくさん載っているので、そちらを楽しむも良しです。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-18 01:57 | 農大通り支店

浴衣

経堂まつりも、もうすぐですね。
そろそろ、夏まつりシーズン突入ですが、
浴衣や甚平の用意はいかがでしょうか?

f0069799_22281524.jpg

[写真上段・左]『帯結び大全科』 装道きもの学院編 池田書店 1500円
・やはり和服はいいですね。帯結びで楽しむお洒落は、なんとも粋です。
 日本人の美意識に感動します。

[写真上段・右]『シンプル着付けと帯結び』 パッチワーク通信社 520円
・着物についての基本的なことから簡潔にわかりやすく説明してあります。
 写真付きの説明など、とても親切です。
 浴衣の帯結びなら・・・文庫結び、花文庫、小蝶結び、矢の字、片流し
 なんだそうです。

[写真下段・左]『レトロな和布バッグ』 パッチワーク通信社 600円
・せっかくなので、小物も和風にしたいですよね。
 巾着に香袋やティッシュケース、携帯電話ケース、全部作れちゃいます。
 
[写真下段・右]『きものとヘア ’88』 講談社 210円
・この際なので、和服に似合う髪型も研究しておきましょう。
 かんざしや櫛が上手に使えたら、和服美人になれるかも?!
[PR]
by endoushoten | 2006-07-16 11:30

都市

暑い・・・もうその言葉しか出てきません。
建物やアスファルトばかりで、東京でなかったら・・・涼しいのに。
でもやはりここがいい。ここでないと・・・。
人が集まる東京の魅力、都市の魅力ってなんでしょうか。
f0069799_1314942.jpg

[写真下段右]『TOKYO STYLE』都築響一著
 京都書院 1992年刊 210円
*狭くて、汚くても居心地がいい。
 ここには本当の東京の姿があるようです。

[写真下段左]『都市 人間生態学とコミュニティ論』
 R・E・パーク、E・W・バーゼズ他著
 鹿島出版会 1972年刊 520円
*都市は単なる物的装置や人工的建造物ではない。
 人々の生活過程そのものであり、人間性の所産だそう。
 都市社会学の必読書。

[写真上段右]『ル・コルビジェ展 カタログ』
 毎日新聞社 1996年刊 1,050円
*近代建築の巨匠。都市計画の先駆者でもある。

[写真上段左]『現代の建築家 丹下健三3 1987』
 鹿島出版会 1988年刊 1,500円
*日本の戦後建築の巨匠。コルビジェを崇拝。
 都市計画、東京のシンボルである都庁も新旧共に設計。

 本などで客観的に見て感じて、
 そしてやっぱり生活してみないとわからない。
 それが東京。
 そして経堂ですかね〜。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-14 22:28 | 今日の1冊

暑くて暑くて

もうたまらん……暑さにやられて早くもバテ気味です。

―そうめん、冷や麦、そばに冷やし中華、
   冷たいパスタに冷麺―

夏は麺類が一番というご同輩におすすめの本がこちら。

f0069799_1522276.jpg


[写真上段・左]『きょうの健康シリーズ 何かが足りない! あなたの
食事栄養チェック5 めん・なべもの』 NHK出版 400円
・薬味だけじゃ栄養は補えません。ちゃんと副菜もとって体力つけましょう。
 具体的なメニューの組み合わせが役にたちますよ。

[写真上段・中央]『ラーメンのルーツを探る 進化する麺食文化』
奥村彪生著 フーディアム・コミュニケーション 1050円
・ラーメン激戦区経堂にお住まい、お勤めの方なら、麺に一家言
 ある方も多いのでは?

[写真上段・右]『おいしいもの取り寄せ図鑑5 極上の麺』
中島久枝著 PARCO出版 500円
・見ているだけでヨダレが…。夏の贈り物選びにもよさそうです。

[写真下段・左]『即席麺カタログ』グラフ社 500円
・平成8年刊の本なのですが、それだけに懐かしいアイテムが
 ずらーり。あぁ、こんなのあった!とか盛り上がること請け合いです。
 「なんかカップラーメン食べたくなったなぁ」じゃあお言葉に甘えて
 たまには手抜きしちゃいますか!?

[写真下段・右]『王様のキッチン 中華そば探検隊』
河出書房新社 310円
・見開きでご紹介しているのは赤坂璃宮の海鮮トマト冷やしそば。
 艶やかなトマトの赤が食欲をそそります。う~ん、おいしそう。
 詳細なレシピもついています。

すずらん通りや農大通りをお買い物中に暑さでクラっときたら
遠藤書店で涼んでいってくださいね。農大通り店では冷たいお茶も
ご用意してお待ちしております。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-13 16:00 | 今日の1冊