カテゴリ:今日の1冊( 159 )

茶運人形をみつけました

今日は、支店のお茶が甜茶に変わったので、
お茶の本を・・・と思っていましたら!
茶運人形の載ってる本を見つけてしまいました。
f0069799_3534581.jpg

『遊びの百科全書(6)[人形からくり]』
立川昭二著 日本ブリタニカ ¥1050(遠藤書店 支店)

f0069799_3372173.jpg

からくり人形が、こんなにいろいろあるとは・・・
お茶を飲むのも忘れて見入ってしまいました。
様々なからくり人形の図版がたくさんあり、その仕組み、歴史等も
知ることができる、興味深い一冊です。
[PR]
by endoushoten | 2006-03-14 14:40 | 今日の1冊

天からの手紙が届いたよ

なんだか曇ってきたな~、今日は冷えるな~と
おもてを眺めていたら、チラリチラリと白いものが。

今日の午後1時半ごろ、経堂に雪が降りました。
あっという間にやんでしまいましたが、確かに雪が降ったんです。

なんだか嬉しくなってしまったので、今日は「雪」の本を
ご紹介いたします。

f0069799_1434860.jpg


[写真左]
雪日本 心日本 高田宏著
中公文庫 1988年刊 250円(遠藤書店 本店)

[写真中央]
北越雪譜 鈴木牧之編撰
岩波文庫(黄) 1978年刊 200円(遠藤書店 本店)

[写真右]
季刊 岩と雪 21 ヒマラヤ特集
山と渓谷社 1971年刊 520円(遠藤書店 本店)

「雪は天から送られた手紙である」 といったのは中谷宇吉郎。
加賀温泉にある磯崎新設計の中谷宇吉郎 雪の科学館にも
いつか行ってみたいです。
[PR]
by endoushoten | 2006-03-13 14:28 | 今日の1冊

小学校の社会科見学

先日、桜丘小学校3年2組のみなさんが、
社会科見学で遠藤書店の支店に来てくれました。
「どこから本を仕入れているのですか?」
「1ヶ月の売り上げはいくらですか?」
「どんな本がよく売れますか?」
「店員の規則は何ですか?」
「遠藤書店で働いていて、よかったことは何ですか?」
等々、一生懸命の質問にスタッフも頑張って答えてみました!
そして、素敵なお手紙をいただき大変感激しています。
これが日々の励みになっています。

桜丘小学校3年2組のみなさん、どうもありがとうございました!!
f0069799_2105685.jpg


あの日の一冊といえば、
店内を散策中の小学生のみなさんが、声をそろえた「トットちゃんだ!」の
『窓ぎわのトットちゃん』(黒柳徹子著 講談社文庫)です。
小学校の読書の時間に、みんなで読んだそうです。
f0069799_23565248.jpg

黒柳徹子さんの本と、徹子さんのお母様である黒柳朝さんの本も
ありましたので一緒に並べてみました。
どれも素敵な表紙で、やさしい気持ちになれます。
[写真左] 『チョッちゃんが行くわよ』 
         黒柳朝著 主婦と生活社 ¥105(遠藤書店 支店)
[写真中央] 『窓ぎわのトットちゃん』 
          黒柳徹子著 講談社文庫 ¥210(遠藤書店 支店)
[写真右] 『チャックより愛をこめて』 
         黒柳徹子著 文春文庫 ¥150(遠藤書店 支店)


トットちゃんの挿し絵といえば、いわさきちひろさんです。
いわさきちひろさんの挿絵の本、絵本もありましたので、
さらに並べてみました。
やさしい気持ちいっぱいになっていただけたら幸いです。
f0069799_037195.jpg

[写真上] 『いわさきちひろの絵と心』 
         いわさきちひろ・絵、松本猛・文
         講談社文庫 ¥180(遠藤書店 支店)
[写真左下] 『絵のない絵本』 
          アンデルセン・作、山室静・訳、いわさきちひろ・画 
          フォア文庫童心社 ¥105(遠藤書店 支店)
[写真右下] 『ちひろのパレット』 
          いわさきちひろ・絵、松本猛・文
          新日本出版社 ¥310(遠藤書店 支店)
[PR]
by endoushoten | 2006-03-12 21:03 | 今日の1冊

大人の嗜好品

大人になったら・・・○○したい!
そんな一つに喫煙もあるかもしれませんね。

大人の嗜好品、煙草。
本や映画の中でも、いい表情を演出していることが
多いように感じます。
それだけに、煙草にまつわる本もいい味出してます!
f0069799_20465942.jpg



禁煙をお考えの方には、こちらがおすすめです。
f0069799_20445819.jpg


[写真左] 『寅さんがタバコを吸わない理由』 
        大室幹雄著、三省堂、¥630(遠藤書店支店)
[写真中央] 『禁煙の愉しみ』 
         山村修著、新潮社OH!文庫、¥250(遠藤書店支店)
[写真右] 『たった5日でできる禁煙の本』 
        林高春著、角川書店、¥380(遠藤書店支店)
[PR]
by endoushoten | 2006-03-11 23:08 | 今日の1冊

カセットテープ

この時代にとても懐かしいカセットテープ。
クラシックから歌謡曲、演歌、ジャズ、その他カラオケ用
などたくさん入荷しています。
音はもちろんだと思いますが、パッケージのデザインも、
なかなか味わい深いものがあります。
見ているだけでも楽しいです!
f0069799_15582875.jpg

[PR]
by endoushoten | 2006-03-10 15:58 | 今日の1冊

デトックスを考える、もしくは小学校の教室を思い出す

今日はこんな本がはいりました。ざらっとご紹介!

f0069799_13531523.jpg

[写真左]
うんちの話 しずおか健康ブックス
 静岡新聞社 平成6年刊 420円(遠藤書店 本店)
[写真中央]
糞尿博士・世界漫遊記 中村 浩著
 現代教養文庫 昭和53年刊 240円(遠藤書店 本店)
[写真右]
雲古百話 大便工学研究所
 情報センター出版局 1996年刊 420円(遠藤書店 本店)

f0069799_13534874.jpg

[写真左]
アンチエイジングのすすめ ~一年で一歳若返る~ 塩谷信幸著
 幻冬舎 2004年刊 450円(遠藤書店 本店)
[写真]
腸をキレイにする! 日経ヘルス編 甲田光雄著
 日経BP社 2003年刊 520円(遠藤書店 本店)
[PR]
by endoushoten | 2006-03-06 14:08 | 今日の1冊

昨日も雨、今日も雨、明日の予報も雨…

昨日からの雨でずいぶん冷えていますね。
濡れるし、寒いし、傘は邪魔だし、雨降りって憂鬱です。

外で遊べなくてぐずるお子様にお困りのお母さん、
こんな本はいかがでしょうか。

f0069799_124365.jpg


『東京雨の日寒い日のあそび場ガイド』(子育てネット著)
2000年刊 メイツ出版 350円 遠藤書店本店

博物館や水族館からスーパー銭湯やポケモンセンターまで
いろいろ載っています。子育てママたちによるおすすめ度や
濡れない指数、予算や食事、トイレまで細かい情報が
役に立つでしょう。

パラパラめくっていたらなんだか雨も楽しくなってきました!
[PR]
by endoushoten | 2006-03-01 12:09 | 今日の1冊

カンディードとレンゾ・ピアノ

先日、東京の大丸ミュージアムで開催されている
パウル・クレー展を観て来ました。

会期終了間際とあって、平日の昼間だというのに
結構な混雑でした。

展示のボリュームはそれほど大きくはありませんでしたが、
クレー挿画のヴォルテール『カンディード』が興味深かったです。
そういえばきちんと読んだことがないなぁと思い、遠藤書店で
岩波文庫版を買おうと思ったら、ちょうどこの週末で売れていました。
お買い上げいただいた方もパウル・クレー展にいかれた方だったりして!

クレーの日記もパネルで展示されていました。
じっくり読みたい方は本でどうぞ。写真ではわかりませんが
なかなかかわいらしい装丁です。どうぞ遠藤書店本店で
実物をご覧ください。

『クレーの日記』(南原実・訳)新潮社
1985年刊・新潮社 1,800円
f0069799_18133251.jpg


今回の展覧会はスイス・ベルン近郊に「ツェントルム・パウル・クレー
(パウル・クレー・センター)」が開館したことを記念しての開催だとか。
この建物を設計したのがイタリアの建築家レンゾ・ピアノ氏です。
関西国際空港やメゾン・エルメスの設計でご存知の方も多いでしょう。
のどかな環境にマッチしたとても素敵な建物で、現地を訪れて
みたくなりました。

残念ながらパウル・クレー展は明日28日で終わってしまいますが
遠藤書店支店にはパウル・クレーの本がたくさんありますよ!
[PR]
by endoushoten | 2006-02-27 18:26 | 今日の1冊

桃の節句

今日もおだやかな1日になりそうですね。
まだ寒い日もあるけれど、だんだんと春の気配が
感じられるようになりました。

ふと気がつけば、もうすぐひな祭り。
何才になっても女の子ならやっぱりひな祭りは嬉しいものです。
今日はひな祭りに関する本を2冊ご紹介いたします。

『ひな人形』斉藤良輔著(法政大学出版会)
 1975年刊 ¥730(写真左)

この本はひな祭りの歴史について書かれています。
学術的な本ではありますが、「ひな」のルーツについて、
おびな・めびなはどう並べるのが正しいのかなど、
いろいろと興味深い内容です。

もう一冊は見ているだけで嬉しい気持ちになる本。

『雛と雛の物語り』藤田順子著(暮らしの手帖社)
 平成9年刊 ¥1,050(写真中央、右は函)

日本各地に伝わるお雛様やお道具がきれいな
カラー写真で紹介されています。今はお雛様を
出していないという方も、久しぶりに飾ってみよう
かな、なんて思うのではないでしょうか。

南青山にある根津美術館では
雛祭り ―虎屋の雛人形と雛道具―という展覧会が
開催されています。
週末あたり散歩がてらに出かけてみませんか?

f0069799_13142220.jpg
[PR]
by endoushoten | 2006-02-23 13:15 | 今日の1冊