カテゴリ:すずらん通り本店( 78 )

経堂界隈モノノケだらけ

遠藤書店よりちょっと先にあるギャラリーURESICAさんで、
今日からモノノケ展が始まりました。

遠藤書店にもモノノケ集まってきました。

いつもは平和な美術書コーナーが
f0069799_130282.jpg


キャー モノノケ本たちに乗っ取られてしまいました。
f0069799_1315524.jpg


f0069799_1323843.jpg


f0069799_1333257.jpg


日没以降はモノノケタイム。モノノケ棚の本がどれでも10%OFFになります。

「つ〜れ〜て〜け〜〜〜」「つ〜れ〜て〜け〜〜〜〜」
モノノケ本たちのうめき声が聞こえてきます。
どうぞあなたのおうちに連れて行って、一緒に涼しい夏をお過ごしくださいませ。
[PR]
by endoushoten | 2012-07-26 13:08 | すずらん通り本店

営業時間変更のお知らせ

これから大規模停電の可能性があるということで
今日は早めに閉店させていただきます。

皆さまもどうぞお気をつけてご帰宅ください。
[PR]
by endoushoten | 2011-03-17 17:31 | すずらん通り本店

開けるか開けざるか

ごあいさつが遅くなりました。
あけましておめでとうございます。

さて。

年が無事に明けたところで、あけるかどうか悩むのが
入口の自動ドア。しまっているより、開放されていた
ほうが、お客様は入りやすい…フム。

でも開け放しは寒い。店員だけでなく、店内で見ている
お客様が寒くなっちゃう。

せっかく暖をとろうと入ったのに…ガッカリ……
されないように、この時期はしばらくドアを閉めています。
外は冷え込む冬の空気でも店内はほっとあったか。
買う気などなくとも、どうぞお寄りください。

今日は小寒。お客様から受け取る硬貨の冷たさに
冬本番を実感します。そんな寒い中、来ていただけるなんて
ありがたいことです。

エキサイトして思わず寒さを忘れてしまうような掘り出し物を
用意しなくては!今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by endoushoten | 2011-01-06 17:17 | すずらん通り本店

年末はじまったー

徐々にじわじわと買い取り依頼が増えてきており
年末の予感のするこの頃です。もう12月です。

さぁ冬。なにをしましょう。寒くなるこれからは
おうちが一番、という気分になってきますよね。
店頭入口の女性実用コーナーもちょっぴり
リニューアルしました。

f0069799_12233251.jpg

やっぱり編み物!

f0069799_12242285.jpg

あったかほかほかぬくぬくごはん。
食べてすぐコタツでごろんできる幸せはおうちならでは。

f0069799_12253447.jpg

冬の夜長はなにか作ってみたり…

そして、年末年始はお客様をお迎えすることも多いでしょう。
急の来客なら「散らかっててごめんなさいオホホホホ~」と
苦しくごまかすことも可能ですが、この時期は気合をいれて
準備しないとなりません。喝っ!!!
f0069799_12273056.jpg

お掃除片づけインテリア、テーブルコーディネートにおみやげギフト
パーティ料理につまみ酒つまみ酒酒…
どどーんとひとまとめにしました。

今日もいろいろ新入荷でいい本がはいってきました。
f0069799_12292324.jpg


どんどん補充しますので、ご期待くださいませ。

#場所ふさぎな本は遠藤書店へ!
[PR]
by endoushoten | 2010-12-01 12:31 | すずらん通り本店

世田谷区内共通商品券使えます

世田谷区では先週の土曜日にプレミアム付きの区内共通商品券が
発売されました。いつも大人気のお得な商品券、買えた方は
ラッキーですね♪

f0069799_13452965.jpg


お得だけれど期限付きのこの商品券、遠藤書店でもご利用いただけます。
おつりもでます。どうぞご活用ください!

#もちろん通常の世田谷区内共通商品券も使えます。
本好きの方へのプレゼントにいかがですか?

(当店では図書券、図書カードの扱いはございません)
[PR]
by endoushoten | 2010-11-11 13:49 | すずらん通り本店

今日は古書の日、明日も古書の日、明後日もまた

心配された雨も大したことなく、穏やかな1日でした。
皆さんにとって今日はどんな日でしたか?

実は、今日は古書の日だったのです。
神田の古書会館では、古本屋開業1日講座が開かれ
「古書業界の現況と未来」をテーマにした座談会なんかもあったようです。
どんな話が飛び出したのでしょうか。

ところで、ある日の雑談。
「古本のいいところってなんだろうねぇ」

「うーん、値段が安いっていうのは嬉しいなぁ。でもやっぱり思いがけない
発見があるところが一番かねぇ」
「ひっそりと本棚に埋まっている中から、自分好みなものを
みつける楽しさで、ついつい旅先とかでも古本屋に足がむいちゃう」
「海外行って、言葉がわからなくてもつい古本屋さがしちゃうんだよなー
そして何故だか手ぶらで帰ることはないんだよね」

「あとはうるさくないところも好きだなぁ」
「うるさくない?」
「新刊書店行くと、やたら力強いおすすめポップが乱立してたりするじゃない?
古本屋にはそれがなくて潔く感じる」
「…まぁだいたいが1点ものだから、ランキングとか関係ないしねぇ」
「本がのびのびしてる感じがする」

値付けも自由、選書も自由、古本には自由があるんです。

そして、古本は自由だからこそ、ずっとそこには留まっていないのです。
古本は一期一会。
見つけたら買わなくちゃ。ふらり気まぐれに誰かのところに行ってしまいます。

#遠藤書店では1週間を目処にお取り置きにも応じております。
 手持ちがない、荷物が多くて…という時は一声おかけください。
[PR]
by endoushoten | 2010-10-04 19:04 | すずらん通り本店

読書の秋きたる

ようやく涼しくなりました。
読書の秋、到来です。

正直なところ、夏でもエアコンさえ効いていれば
読書には差し支えがないように思うのですが、
漁書となると酷暑はこたえます。

本は読むより買うのが好き、という方にこそ
この気温は嬉しいのではないでしょうか。
きもちのいい秋風を頬に受けながら
良書を求めて散策するのも乙なもの。

経堂にはウレシカさん笑和堂さん芝生さんなど
散歩好きの心をくすぐるお店も点在しています。

今度の連休あたり、のんびりムダ歩きを楽しんでみませんか?
思いがけない発見があるかもしれません。

連休が終わると翌週はいよいよ新橋古本まつりが始まります。
こちらもお楽しみに!
[PR]
by endoushoten | 2010-09-15 14:21 | すずらん通り本店

しずかな午後

台風9号の影響で、経堂の街も白くけぶっております。

久々の雨は嬉しいような気もしつつ
 ―もうちょっとこまめに大人しく降ってくれれば言うことないのですが―
各地で被害がでないように祈るばかりです。

当店は本日も通常営業しておりますが、いつもと違うことがひとつだけ。

しずかです。

「お客さんゼロ?」 …ありがたいことに、ちらほらでは
ありますが、この悪路の中、足をお運びくださるお客様もいらっしゃいます。
(本当にありがとうございます)

正解はBGMがない、でした。普段は有線をつかっているのですが
台風の影響かどうも音がとぎれたり、ノイズがはいったりと
耳障りなので、本日は無音の日にすることにしました。

かわりに元気な雨音が響く店内で、しずかに在庫整理に励む午後です。
一緒にしみじみしませんか?
[PR]
by endoushoten | 2010-09-08 14:22 | すずらん通り本店

鶴は千年、亀は万年、ながいきの店 遠藤書店

亀であるところのトムくんにおかれましても
元気で長生きのご様子まことにめでたいわけですが

古いものを大切に、の店 遠藤書店だって
ながいき自慢なら負けません。
商品への値つけにかかせないのが鉛筆ですが、ほうらこの通り。

f0069799_17401730.jpg

だんだん短くなってきたら、まずキャップをつけて長さ増量キャンペーン。
その後背中あわせにコンニチハで最後の最後まで使い切ります。

まぁ経費削減というよりは、「もったいない」根性だけのような気もしますが
こうやってなるべくお値段を抑えられるように地道な努力をしているのです。

(…あのちびっこい部分、どうにかしたら何かに使えないかなぁ…)
[PR]
by endoushoten | 2010-08-11 18:09 | すずらん通り本店

すずらん通りでのひとコマ

いつも、すずらん通りを歩いていると見かける気になるアノ子、その名もトム君。
f0069799_15224034.jpg

一番熱いと思われる時間帯に甲羅干しをしているトム君。この様子を横目で見ながら、そのうち茹でカメができあがるのではないかとハラハラしているわたし。
そんなわたしの思惑をよそに、今日もトム君は悠々と日光浴をしていました。
飼い主は化粧品店の新栄堂さん。
お店のご主人が「トム~」と話しかけると
f0069799_15253224.jpg

ほら、こんなふうにご主人のもとへ寄ってくるんですよ!すごいぞ、トム君!
なんでも、飼い始めてもう30年になるとの事。ご主人や近所の皆さんにたくさん愛されて育ったのでしょう。とってもいいカオしてました。カメラ目線で、はいポーズ↓
f0069799_15283164.jpg

では最後に、カメ本をご紹介。
f0069799_15325167.jpg

(左)『新版リクガメの医・食・住』菅野宏文・著 どうぶつ出版社 650円
(中央)『カメの飼い方がよくわかる本』霍野晋吉・監修 成美堂出版 520円
(右) 『ニオイガメ、ドロガメの医・食・住』菅野宏文・著 どうぶつ出版 600円
ちなみにトム君はクサガメという種だそうです。
これから、縁日の屋台で“カメすくい”(まだあるのかしら?)に挑戦される方もいらっしゃるかもしれませんね。その前にぜひ、予備知識を身につけてゆきましょう。きちんと飼育すればトム君のように、何十年も生きるカメ。生きものは最後まで、責任を持って可愛がっていきたいものですね。
すずらん商店街のアイドル、トム君に会いに経堂へいらしてください~。(そのあとは遠藤書店にもゼヒお立ち寄りください~)
[PR]
by endoushoten | 2010-08-11 15:58 | すずらん通り本店