カテゴリ:未分類( 20 )

毎日が今日でもいいや。

今日は何の日でしょうか。

ヒント。
f0069799_1634277.jpg

[写真左]『これだけは見てほしい平成の歌舞伎 山川静夫の
歌舞伎十八選』 講談社カルチャーブックス 630円

[写真右]『小僧の神様』志賀直哉著 岩波文庫 150円

「義経千本桜」と「小僧の神様」です。みなさんの大好きな…

f0069799_1661033.jpg

今日はすしの日。このたまらないページが載っているのは
今年出たばかりの大判本、

『食材魚介大百科 別巻1 マグロのすべて』
河野博・茂木正人監修・編 平凡社刊 1,300円 です。
f0069799_168328.jpg


すしは好きだけれどいろいろコッチの都合とかごにょごにょで
寿司屋のカウンターは緊張してしまう、という方も少なくないはず。
さらっと勉強しましょう。
f0069799_169251.jpg

[写真左]『すしの魚』末広恭雄 平凡社カラー新書 420円
[写真右]『パパ、お寿司たべたい! 親子で学ぶネタ図鑑』
入江和夫著 文藝春秋刊 840円
この本を読めば、さらっとウンチク野郎も撃退できそうです。
ネタだけでなく、おすしのいろいろがわかりやすく解説されています。
トロと名づけたのは誰だかもわかりますよ!

日本人に愛されるすしだけあって、本もたくさんでています。
すしやのおかみさんシリーズをどうぞ。
f0069799_16172620.jpg

『江戸前寿司への招待 寿司屋のかみさん、いきのいい話』佐川芳枝著
PHP研究所 420円
『寿司屋のかみさんとっておき話』佐川芳枝著 講談社文庫 210円
『寿司屋のかみさんのちょっと箸休め』佐川芳枝著 青春文庫 210円

ところでなんだこりゃ?いかにもそそらない得体のしれないモノは
f0069799_16135155.jpg

SUSHIはもはや国際語。すしとSUSHIは別物なんだと実感するのが
こちら

『回転スシ世界一周』玉村豊男著 世界文化社刊 730円
f0069799_1615370.jpg


でもやっぱり真っ当なすしが喰いたいやネェ、伝統は守んなきゃ。
f0069799_16154943.jpg

『すし技術教科書 江戸前ずし編』
全国すし商環境衛生同業組合連合会監修 2,500円
今は姿を消した明治や大正のすしも記録されています。

やっぱり今晩はすしにするか!
(おいなりさんでも買ってこよ)
[PR]
by endoushoten | 2007-11-01 16:20

ゆかいな書評ブログ

タカノゴダンの書評ブログをご存知ですか?

タカノゴダンとは、日本将棋連盟・棋士、五段 高野秀行さん。
実はmixi遠藤書店コミュのブックカフェイベントにもご参加
いただいたことがあったり、界隈の飲み屋でばったりお会い
したり…。読書家で知られるタカノゴダンのざっくばらんな
言葉で語られる数々の本の紹介はつい読んでみたくなる
ような面白いものばかり。ぜひご一読を!

では、将棋つながりということで今日はこんな本をご紹介しましょう。
f0069799_1539061.jpg

『対局する言葉 羽生 v.s. ジョイス』 羽生善治・柳瀬尚紀
 毎日コミュニケーションズ 630円
・ジョイスといえばもちろんジェイムズ・ジョイス。奇怪難解
 翻訳不可能といわれていた『フィネガンズ・ウェイク』完訳
 という偉業を成し遂げたのが柳瀬尚紀氏。天才同士の対談
 です。どちらも常人離れしたしなやかな頭脳の持ち主だと感服
 させられます。

f0069799_1551552.jpg

[写真左]『ダブリンの市民』ジョイス/高松雄一訳
 福武文庫 450円
[写真右]『ダブリン市民』ジョイス/安藤一郎訳
 新潮文庫 240円

・おなじ小説でもタイトルの訳からして違います。書き出しも違えば
 登場人物の名前(カタカナ表記)も違う。読書がおもしろくなってきたら
 訳者違いでの読み比べもおすすめです。ようこそ文学へ。

最近では、ナボコフの『ロリータ』や、バタイユの『目玉の話』
(眼球譚)の新訳が話題になりましたね。いろんな訳を読んでいると
原語で読みたくなるかもしれません。

この春は語学再入門してみますか?(わたしは再々々々々…入門
ですが)
[PR]
by endoushoten | 2007-03-01 16:15

こんにちはハロー効果(?)

経堂駅の北と南の2店舗で営業してきた遠藤書店ですが
先週末で南口農大通り支店を閉店いたしました。

「なくなっちゃって寂しい」なんて言われるとちょっと嬉しいような
申し訳ないような気がしますが、ぼんやり想い出にひたって
いる場合ではないのです。

北口すずらん通り本店に統合するわけですから、今まで以上に
本店を充実させなくてはなりません!

f0069799_16391569.jpg

てことで、いそいそとお掃除に励んでおります。
飲食店ほどクリンリネスが重視されない古書店ではありますが
やっぱり綺麗なお店の方がいいですものね。
棚をふいたり、本のほこりをはらったり…
大掃除も先取してやると気分のいいものです。

今日は年末に向けてすっきりさっぱりする本をご紹介します。
f0069799_164278.jpg

[写真上段左]『やる気の出る!体験証明版
 収納整理ストレスから救われる本』近藤典子監修 主婦の友社 310円
・収納のカリスマ近藤典子さんの本。なによりも「やる気の出る!」
 というコピーがいいじゃないですか!!

[写真上段右]『3日で運がよくなる「そうじ力」』舛田光洋
 王様文庫 260円
・掃除の仕方はもちろんですが、掃除によって運気をあげる方法が
 書かれています。ハッピーな家にしたい方はご一読を。

[写真下段左]『いつか片づけようと思いながらなかなかできない
あなたへ』ハリエット・シェクター PHP研究所 420円
・…そう、「いつかやろう」とは思っているんですよね、誰しも。
 そこから1歩踏み出すには、こういう本を読んで背中を押して
 もらうのが効果的かもしれません。

[写真下段中央]『もう一度「捨てる!」技術』辰巳渚
 宝島社新書 250円
・ベストセラーの続編ではメンテナンスという考えを導入。
 「捨てる」と「物を大事にする」の関係とは?

[写真下段右]『「ダンドリ」ワザあり事典』快適生活研究会
 PHP文庫 230円
・大根のシッポや廃油を使ってお掃除が簡単になるなんて!
 掃除以外にも、3段重ねのハンバーガーの食べ方や絶対に
 うまくいく社内恋愛などさまざまなワザがあっておもしろい。

さぁさぁ、さっそく片付けましょう!家でジャマ者扱いされがちなのは
なんといっても本と洋服。もう読まないと判断したら(※)、廃品回収
に出す前にどうぞ遠藤書店にご相談ください。

 ※…家族の本を勝手に処分したりするのはトラブルのもとですので
    どうぞご注意くださいませ(知らない間に捨てられたりしないよ
    うにちゃんと整理しておきましょう)。

さて、棚が綺麗になったら、今度は本の入れ替えを始めましょう。
農大通り店ユーザーだった皆様もどうぞすずらん通り店にご期待ください。
[PR]
by endoushoten | 2006-11-27 17:17

浴衣

経堂まつりも、もうすぐですね。
そろそろ、夏まつりシーズン突入ですが、
浴衣や甚平の用意はいかがでしょうか?

f0069799_22281524.jpg

[写真上段・左]『帯結び大全科』 装道きもの学院編 池田書店 1500円
・やはり和服はいいですね。帯結びで楽しむお洒落は、なんとも粋です。
 日本人の美意識に感動します。

[写真上段・右]『シンプル着付けと帯結び』 パッチワーク通信社 520円
・着物についての基本的なことから簡潔にわかりやすく説明してあります。
 写真付きの説明など、とても親切です。
 浴衣の帯結びなら・・・文庫結び、花文庫、小蝶結び、矢の字、片流し
 なんだそうです。

[写真下段・左]『レトロな和布バッグ』 パッチワーク通信社 600円
・せっかくなので、小物も和風にしたいですよね。
 巾着に香袋やティッシュケース、携帯電話ケース、全部作れちゃいます。
 
[写真下段・右]『きものとヘア ’88』 講談社 210円
・この際なので、和服に似合う髪型も研究しておきましょう。
 かんざしや櫛が上手に使えたら、和服美人になれるかも?!
[PR]
by endoushoten | 2006-07-16 11:30

冷茶になっております

梅雨の晴れ間も、日差しがきつくなってきました。
日傘を差しながら、店先の均一コーナーを覗くお客さんもちらほら。

遠藤書店支店の健康茶サービスコーナーのお茶が、
冷たいお茶になっています。
f0069799_2012894.jpg
f0069799_201122.jpg
火照った身体に、ちょっと冷茶を・・・
一息つくと、またいい本が見つかるかもしれません。
どうぞ、お試しください。
[PR]
by endoushoten | 2006-07-04 19:45

暑い日が続きますね

昨日、一昨日と、梅雨の合間の晴れが続きましたね。
おまけにとっても暑い~!!

帰ってから冷たいビールをぐ~っといった方もたくさんいらしたのではないでしょうか。


ということで、
f0069799_1232274.jpg


『ビールのはなし』鳥山 國士・北嶋 親・濱口 和 編著
技報堂出版 310円(書き込みあり)


現在多くの人に親しまれているビールの形になるまでに
たくさんの偶然や歴史がありました。

一言でビールと言っても、色んな種類のビールがあるのですねぇ。

この本を読むとこれからのビール選びが変わるかも!?



そして、残す試合もあと少しのワールドカップ関連でこの一冊↓
f0069799_194497.jpg


『ビールの国の贈りもの ドイツビールと料理の楽しみ』野田 浩資
里文出版 730円

日本では冷たいビールが主流ですが、
ドイツでは 室温より少し冷たい位の温度でビールを飲むのが普通なのだそうです。

日本の夏のように湿度と温度の高い環境では
ドイツ流の飲み方は馴染みづらいかもしれませんが、もう夏至も過ぎたので
涼しい秋に向けて今からドイツビールに挑戦してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by endoushoten | 2006-06-29 01:45

提灯点きましたね!

f0069799_21371645.jpg

毎年恒例の経堂駅前、農大通りの提灯が取り付けられました。
もう、そんな季節なんですね。

経堂駅前の三井住友銀行前。
遠藤書店の提灯は、どこかな?どこかな?
今年は、こんなところ(みなさんも探してみてください)で、
ささやかに灯っていました。

農大通りも、赤い提灯がずらり!
この赤提灯が下がった農大通りを通る度に、
経堂の人々の温かさを感じます。
じめじめした梅雨の季節も、何かわくわくして元気になれます。

そして、経堂の夏といえば!経堂まつりです。
ポスターも貼られ始めています。
夏の訪れを楽しみに、梅雨、乗り切っていきましょう。

第33回経堂まつり
●開催日 2006年7月21日(金)〜2006年7月23日(日)
●開催場所 経堂駅前広場/経堂農大通り(路上)
●本部 経堂農大通り内 駐輪場前
[PR]
by endoushoten | 2006-06-24 22:17

裁縫

裁縫はお好きですか。
f0069799_2392012.jpg

農大通り支店には、手芸の本もたくさん取り揃えております。


f0069799_2372571.jpg

f0069799_2364246.jpg

[写真上部左・下部]『子供と楽しめる手づくり小物の本』 
 インプレス (遠藤書店 支店 350円)
*天気の良い日が続いています。
親子で、兄弟でかわいいTシャツを着て散歩に出掛けませんか。
パソコンで簡単にできますよ。


[写真上部右]『ドレメシリーズ 仮縫いから本縫いまで』 
 ホームライフ社 (遠藤書店 支店 310円)
*本格的な本ですが、裁ち方〜仮縫い〜補正〜本縫いまで
丁寧に説明されています。
f0069799_238815.jpg

お腹の出ている、背中が平ら、ヒップが上がっている人などなど、
それぞれの人にあった服作りができます。

単に寸法だけでない、その人の個性にあった服。
そんな服を着ることが出来たら素敵ですね。
[PR]
by endoushoten | 2006-05-05 23:15

池袋西口公園古本まつりレポート

第3回 池袋西口公園古本まつり


f0069799_1753494.jpg
昨日のような古本屋泣かせのお天気とはうってかわり、
今日はいいお天気で、古本まつりも賑わっています。

古本屋店員としても、古本まつりはいつも楽しみです。
遠藤書店に足を運んでいただいているお客さんを見かけるとき、
他店の方々との本にまつわる話とそうでない雑談、
そして何より本が集まってくるんですから!
本好きにはたまらないお祭りです。

週末のお天気も気になりますが(どうも自分が雨を呼んでいるようなので、
てるてるぼうずをぶら下げることにしました)、
皆様も、この楽しいお祭りにどうぞお出かけください。
[PR]
by endoushoten | 2006-04-21 18:07

春のお客さん

昨日から開催中のマンガ・児童書1割引セールも、
春のよい気候とあって、なかなか好調なスタートとなりました。
どうもありがとうございます。

セール期間中で売れてしまう前に!
マンガ、児童書の棚からも、ちょこちょこご紹介していきたいと思います。

f0069799_1175148.jpg
『車のいろは空のいろ 春のお客さん』 
あまんきみこ・作 北田卓史・絵
ポプラ社 ¥210(遠藤書店 支店)

空いろのタクシー運転手・松井さんが、
春のお客さんたちと素敵な世界へ案内してくれます。
車内の窓ぎわについている花瓶には、「雲の花」も咲きます。
そんな松井さんの空いろのタクシーは、
だれでも乗せてもらえるみたいです。
たくさんの方に、ぜひ乗ってみて欲しいと思います。
[PR]
by endoushoten | 2006-03-26 11:51