カテゴリ:未分類( 20 )

秋の行楽日和と新橋古本まつり

久しぶりのブログアップ!
またまた新橋古本まつりのおしらせです。

震災以降、節電協力のため会場の電灯なしでの開催でしたが、今回は久しぶりに明りが灯ります!よって夜8時までの開店です。
お仕事帰りの方もどうぞ、ごゆっくりお楽しみくださいね♪
皆さまのご来場を心よりお待ち申し上げております。

*********************************************

     新橋古本まつり

 会期 2011年9月26日(月)~10月1日(土)

 時間 午前10時~午後8時
 場所 新橋駅前SL広場

 ※状況により変更が生じる可能性もございます

*********************************************

来週はどうやら、秋晴れで過ごしやすい気候になりそう!?うーん、期待しちゃう!
それなら掘り出し物をいつもよりも多めに仕込もうかな・・どうぞご期待ください!(いませっせと図録を中心に値段付け中です。)
なお、遠藤書店はSL広場の喫煙所前、または場外馬券売り場の前です。
どうかどうか、予報通りに秋晴れの行楽日和となりますように・・!!
[PR]
by endoushoten | 2011-09-23 12:08

雨でも新入荷

今日もドンヨリのすずらん商店街。
雨の日はどうしても、お客様の足が遠のきがちで、今日の店内いつもよりちょっと寂しげです。
そんな中、新入荷、三島由紀夫きましたよ~~。
しかも好きな人には垂涎モノの三島由紀夫の初版本!
f0069799_19563076.jpg

↑こちらは店頭のウィンドーに置いてあります。
f0069799_1958970.jpg

↑これらは店内入って右手の棚に。

どうです?じっくーり探してみたくなっちゃうでしょ?
雨の日はあまりお客様がいらっしゃらないので掘り出し物を探り当てるには実は、もってこいなのです。
まだまだ梅雨晴れは見えませんが、落ち着いた雰囲気の古本屋で雨音に耳を傾けながらの本探しなんていかがでしょう?遠藤書店では、定休日の火曜以外は、雨でも晴れでも雷でも、いつも皆様のご来店をお待ち致しております。
[PR]
by endoushoten | 2010-07-09 20:11

遠藤書店 夏の文庫100冊 【19】

あちいあちい、こんなに蒸し暑くっちゃあなんにもやる気が起きねえや。
だったらいっそのこと南半球か南極にでも行ってしまいたいわー。
ってことで、ちょっと気が早いけれど夏休みももうすぐ!の毎年恒例“夏の文庫”特集。

今日はこちら↓
f0069799_177382.jpg

[写真左]『青春を山に賭けて』植村直己 著 文春文庫 260円
[写真右]『冒険』植村直己 著 小学館文庫 200円

1984年に43歳の若さでマッキンリーへと消えた伝説の冒険家。
苦悩と挫折の日々を経て、どのように世界的冒険家へと成っていったのか。実際に自分の眼で見て考え、歩いてきたからこその魅力的な文章。
暑くてだらけた気分に心地よい喝を入れてくれます。
まじめで純朴な彼の人間性が文章からも十分伝わってくるのだが、実直過ぎてそこまで言っちゃうか?ってことまで事細かに書かれていたりして、なんだか笑えます。
どこか行きたい!けど仕事が・・・って方や、なんだか暑すぎてやる気が・・・なんて方は、これを読んで冒険気分に浸ってみては?〈M1〉

本日までのご紹介…39/100冊
[PR]
by endoushoten | 2010-07-01 17:35

本で楽しむワールドカップ

最近ここすずらん商店街の有線放送でも、うすーくサッカーソングが流れているなぁと思ったら、どうも本日からワールドカップがスタートしたようですね。
さて、サッカーにはとんと疎いわたくしですが、世界各国の人びとが集まるというのはとても魅力的・・・

遠藤書店でも地味に本のワールドカップを開催するべぇと、ワールドカップ関連国(関連地域)の書籍を紹介していきます。

まずは↓
f0069799_1771487.jpg


[写真左]『アフリカ革命に向けて』 フランツ・ファノン著作集4 みすず書房刊 1969年
[写真中]『地に呪われたる者』 フランツ・ファノン著作集3 みすず書房刊 1969年
[写真右]『(新訳)革命の社会学』 フランツ・ファノン著作集2 みすず書房刊 1984年
各1,050円

つづきまして ↓
f0069799_17272734.jpg


[写真上]『現代アフリカの民族関係』 和田正平 編著 明石書店 2001年 2,500円

私たちはどうも、アフリカ大陸ってひとくくりに捉えてしまいがちだけど実に数多くの民族があってそれぞれ多彩な文化を持っている。しかしどうも貧弱な私の頭では、サバンナだとか貧困だとかといったイメージで捉えてしまいがちなんだよなぁ。いかんいかん。そんな先入観を打ち破るべく、読書で己の知の更新を。

本を片手にワールドカップを観戦すれば、もっとちがった視点で試合を楽しめるかもしれませんよ。

ちなみに、今週末土日、横浜の赤レンガ倉庫でアフリカンフェスタが開かれるようです。興味のある方は出かけてみては。
[PR]
by endoushoten | 2010-06-11 17:45

明日はハレます

今日は張り切って外売りに!と出かけたのに、あいにくのこのお天気・・・。最近のお日様はなかなか長続きしませんねぇ。
がしかし、明日からは晴渡ること間違いなし!!なぜなら・・・↓

f0069799_2062793.jpg


そう、我々遠藤書店チーム3人のあつ~い願いがこもっているからなのですっ!
こりゃ晴れるしかないわ。ねぇ お天道さん?
今夜まではこの寒い雨も許すよ。明日からよろしくっっ!!
[PR]
by endoushoten | 2010-04-22 20:12

郷愁

いつも通り店番をしていると・・・どこからかちびっ子の「オニは~そと~」の声と歓声が。。
しばらくすると、当店にもやってきました!!青おに!!↓
f0069799_20182094.jpg

驚きのあまり、画像が乱れてしまったワタクシ
今日は節分ってことで、わがすずらん商店街でも各店で豆まきが行われたのでした。

余談ですが、わたしの故郷山形県の村山地方では、豆まきの際、「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天打ち地打ち四方打ち、鬼の目ン玉ぶっ潰せ」とやや長セリフで豆を下から天井へ向けて投げつけます。よって、鬼役を追いかけたりといったエンターテインメント性はやや希薄です。そして豆まきの大豆は青大豆。(我が家だけかもしれませんが)
ちなみに鬼の面がオマケでついてくる♪豆~はでん六♪でおなじみのでん六は山形の企業です。(回し者じゃありませんよ)

ちびっこたちの楽しげな様子を見ていると、なんだか私も故郷がちょっぴり懐かしくなってしまった今日でした。

鬼関連の本・おまけ↓

f0069799_20385544.jpg

[写真左]『中国の鬼』除 華竜著
青土社 1995年刊 1,600円

[写真右]『日本俗信辞典 動・植物編』鈴木棠三 著
角川書店 昭和57年刊 1,200円
[PR]
by endoushoten | 2010-02-03 20:57

明日は営業します。

突然ですが、明日はいつもお休みをいただいている火曜日ですが、営業します。
年末の慌しいこの時期。ご家庭の大掃除からこっそり抜け出したい方はどうぞ、遠藤書店までサボりにいらしてください~。あたたかい店内と街の忙しさとは無縁の読書空間が、皆様をお待ちしていますよ。

なお、本年の営業は大晦日の31日までやっております。年明けは新年1月4日(月)からです。
年末年始と営業終了時間に若干の変更がありますが、詳細は店頭もしくはお電話にてお問い合わせ下さい。
[PR]
by endoushoten | 2009-12-28 20:26

外売り通信

開催中の池袋西口公園古本まつりからの、外売りだよりです。
天気予報ではずっと、週末もお出かけ日和なんていっていたのに、ガラリと変わって今日は雨模様ですね。。。女心と秋の空、なんとも気まぐれです。

さて遠藤書店では週末、最近仕入れた本をドンドン出していくとのことだったので、どうぞ一度お出かけ下さい。

ところで、池袋展会場のおとなり、芸術劇場ではどうやら、昨日からFESTIVAL TOKYOなるイベントが始まったようで、こちらはダンスあり演劇ありのカナリ面白そうな感じです。池袋展に来られる方はこちらも要注目!会場はその他複数会場での開催のようです。かく言う私も、池袋展業務で偶然ソレを知り、ちゃっかりお買い得な上演回数券(3回券)を購入してしまいました。古書展では本との出会いだけじゃなく、こんな面白そうな出会いも待っているんですねぇ~。

池袋展は27日来週火曜までですよー。ご来場お待ちしています。
[PR]
by endoushoten | 2009-10-24 19:51

散歩

本日晴れのすずらん通り商店街です。

ただいま遠藤書店、料理本大量入荷中です。
おべんとうやらかわいらしい和菓子本やら、充実していますよ。

天気のよい日は散歩がてら、当店をのぞきにいらしてください。
お待ちしてます。


[PR]
by endoushoten | 2009-03-12 16:00

日本の古本屋より御注文のお客様へ

日本の古本屋からの御注文はお正月休み中も
ご利用いただけますが、在庫確認、受注返信、
発送などの業務はお休み
させていただきます。

ご迷惑をおかけして申し訳ありませんが、お返事が
遅れますことをお許しください。
[PR]
by endoushoten | 2008-12-31 18:52