桃の節句

今日もおだやかな1日になりそうですね。
まだ寒い日もあるけれど、だんだんと春の気配が
感じられるようになりました。

ふと気がつけば、もうすぐひな祭り。
何才になっても女の子ならやっぱりひな祭りは嬉しいものです。
今日はひな祭りに関する本を2冊ご紹介いたします。

『ひな人形』斉藤良輔著(法政大学出版会)
 1975年刊 ¥730(写真左)

この本はひな祭りの歴史について書かれています。
学術的な本ではありますが、「ひな」のルーツについて、
おびな・めびなはどう並べるのが正しいのかなど、
いろいろと興味深い内容です。

もう一冊は見ているだけで嬉しい気持ちになる本。

『雛と雛の物語り』藤田順子著(暮らしの手帖社)
 平成9年刊 ¥1,050(写真中央、右は函)

日本各地に伝わるお雛様やお道具がきれいな
カラー写真で紹介されています。今はお雛様を
出していないという方も、久しぶりに飾ってみよう
かな、なんて思うのではないでしょうか。

南青山にある根津美術館では
雛祭り ―虎屋の雛人形と雛道具―という展覧会が
開催されています。
週末あたり散歩がてらに出かけてみませんか?

f0069799_13142220.jpg
[PR]
by endoushoten | 2006-02-23 13:15 | 今日の1冊
<< 桜を愛でる 花粉症大丈夫ですか? >>