遠藤書店 なつのぶんこ 【番外編】

小中学校は夏休みに突入!ということで入り口左側に
こどもぶんこコーナーを設けました。

f0069799_1225791.jpg


f0069799_1251590.jpg


「これ読んだ、読んだ!なつかし~」という古典的名作から
「こういうのが人気なのか、へ~」な人気連作まで
どれでもわかりやすく105円均一でどうぞ!
お小遣いでも買えるお値段でお出ししています。

ところで皆さんの子ども時代の夏休みの本の思い出には
どんなものがありますか?

なつやすみには年に一度の家族旅行。
わが家は電車移動派で、車内でおとなしくさせるためにと
本を買ってもらうのが楽しみでした。
そして、待ちきれず旅行前にコソコソ読破してしまい
叱られたのも毎年のこと。あぁ、よく怒られたよなぁ…。



「子どもを本好きにするには?」なんて話を聞きますが
とても簡単なこと。

親が楽しそうに読んでみせる(みせかけ??)、
感想を強要しない、せかさない、いろいろあるようですが

「読んじゃダメ」 これに尽きます。

誘惑の増える夏休み。子どもを本の危険から遠ざけましょう!
ひとたび足を踏み入れるともう引き返せません。

家は読んだんだか積んであるだけなんだかわからない蔵書で
溢れかえり、やたらと人に本を貸したがりそして煙たがられ、
デートの途中でも新刊チェック、旅先にいけばつい古書店に
足が向く …それでも子どもを本好きにしたいですか?

本好きとは「するもの」ではなく、「なるもの」なのです。
もし不幸にも「なっちゃった」ら…そのときは抵抗せずに
運命を受け止めましょう(ニヤリ)。
[PR]
by endoushoten | 2008-07-21 12:33 | すずらん通り本店
<< 遠藤書店 夏の文庫100冊 【5】 遠藤書店 夏の文庫100冊 【4】 >>