ビール文学から2人のアランへ

日頃ビールを愛してやまない身としては、ただダレダレと
飲むだけでなく、未だ確立されていないビール文学を
開墾せねばと、虎視眈々、書棚を眺めても
「ビール」が小道具になっている小説は数あれど、
そうではなく銘柄をも活かした作品となると、めったに
ぶちあたることはなくて。シュポンとまた寂しく栓を開ける
日々。あぁ君たちよ文学になれと願いながら。

そんななか、久しぶりにみつけたのがこちら。

f0069799_12112012.jpg

『朝日のようにさわやかに』恩田陸著 新潮社 630円
さすが、ビール好きで知られる恩田陸です。この本は短編集で
するっと余韻を残しながら通り抜けていく作品群の数々。
なかでも一番最後の表題作はビール文学指数100をマーク
(って勝手に認定)。スイングトップのグロールシュのボトルで
ここまで世界が広がるなんて!

恩田陸の作風のひとつにオマージュの多用があげられるでしょう。
なかでも『夏の名残の薔薇』(現在在庫なし)は、引用量の多さで
印象深い一作でした。

読まれた方はご存知でしょうが、アラン・レネの名画『去年
マリエンバートで』がこれでもかというくらい大胆に
ちりばめられています。

『去年マリエンバート』の脚本を書いたのはアンチロマン、
ヌーボーロマンの旗手としてしられるアラン・ロブグリエ。

f0069799_12305294.jpg

『嫉妬』ロブグリエ著 新潮社刊 2,100円
・『消しゴム』『覗く人』に続く第3作目。函入り、昭和34年刊、初版。

彼の訃報が届いたのはつい最近のこと。
偉人の死を悼み、心よりご冥福をお祈りします。



(アラン・レネの『世界の全ての記憶』は本好きなら必見。
 DVDで出ていますので是非に。)
[PR]
by endoushoten | 2008-02-21 12:40 | 今日の1冊
<< 青春18きっぷのシーズンになっ... ○○を探す本 あれやこれや >>