学校の長期休み期間といえば

JR全線の普通列車乗り放題・青春18きっぷの季節!
1日あたり2,300円で全国どこでも行けちゃう
貧乏旅行または乗り鉄の強い味方。
誤解を生みやすい名前ですが年齢制限はなく誰でも
利用できます。

新幹線に乗れないなんてかったるい?いやいや
そうでもないみたいですよ。

f0069799_15111957.jpg

[写真手前]『JR全線全駅下車の旅 究極の鉄道人生 日本縦断駅めぐり』横見浩彦著 KKベストセラーズ 520円
・「全駅下車??どうしてそんなことをするの?なにが嬉しいの?」と
 呆れるか、「よし、俺もッ」と発奮するか。自分で目標を見つける
 素晴らしさを見落とすべからず。
 不撓不屈とか前人未踏という熟語が好きな方はぜひ。

[写真奥]『鉄子の旅 全6冊』菊池直恵著
 小学館IKKIコミックス 1,260円
・凝縮された横見イズムのこってりした内容を漫画家菊池直恵氏の
 冷静でときにあたたかな眼差しでさっぱりと仕立てています。
 タモリ電車クラブと双璧をなし、昨今の鉄道ブームに一役買っている
 人気コミック。

さぁ、この冬休みはどこへいきましょうか。
文学の舞台を訪れるという企てはいかが?

f0069799_15331756.jpg

[写真中央]『文学の中の駅 名作が語る”もうひとつの鉄道史”』
原口隆行著 国書刊行会 940円
・文学と鉄道といえばまず何を思い出しますか?
 「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった。」はそらで口を
 ついて出てくるのではないでしょうか。
 それとも十五番線のあさぎり号でしょうか?

 ちなみに、経堂駅で 多摩急行我孫子行き を見るたびに
 心は白樺派へと飛ぶのです。山手線にはねられるって
 なんかすごいな、とか、そういえばそろそろ蟹の季節だな、とかとか。
 (ちっとも文学じゃない!)

 普通列車にゆられながら名作を再読してみるのも乙な過ごし方
 かもしれません。
[PR]
by endoushoten | 2007-12-17 15:47 | 今日の1冊
<< 今年も残すところあとわずか 目録到着! >>