文章がうまくなりたいなぁという話 追補

「上手な文章を書くための本」は他にもたーっくさんありますが
ハウツー本に埋もれさせては惜しい良書をご紹介しましょう。

f0069799_15564543.jpg

[写真左]『〈不良〉のための文章術 書いてお金を稼ぐには
NHKブックス1005』永江朗著 420円
・暴走万葉仮名の羅列でギョッとする…のではなく、不良と書いて
プロと読む―なるほど。筆で口を糊することを目指しているなら
早い段階で読んでおくとよいのでは?実例多数で親切丁寧
わかりやすい。

[写真右]『入門!システム思考』枝廣淳子+内藤耕著
講談社現代新書 320円
・著者の一人枝廣淳子氏は、アル・ゴアのベストセラー
『不都合な真実』の訳者でもあります。
ひどい文章になってしまう場合、「伝えたいことが整理されてない」
ことも多いようです。情報整理、問題解決の訓練に役立ちそうです。
[PR]
by endoushoten | 2007-11-14 16:12 | 今日の1冊
<< 書店派?図書館派? 文章がうまくなりたいなぁという話 >>