夏らしいこと、しました?

八月も後半になると、まだまだ残暑で猛暑ではあるけれど
なんとなく「夏」という季節のかげりが見えてきて、
ふと寂しく思ったりするもの。

皆さんは今年の「夏」を満喫されました?
夏らしいといえば―ビアガーデンに、海に、花火に…

今日はそれぞれ趣の異なる花火の本をご紹介しましょう。
f0069799_15134694.jpg

[写真左]『花火』清水武夫著 一橋書房 1,050円
・浴衣を思わせるような表紙が渋い。こんな本と出会えるのも
 古本屋のおもしろさではないでしょうか。花火の炎色反応
 などに興味がある理系の人(もしくはそういう人と一緒に
 花火を観に行く予定のある人)向けの内容。尺玉から
 へび玉までさまざまな花火の作り方が載っています。
 化学と数式の合間に詩情が見え隠れしています。
 花火はただ光ればいいというだけのものではなく、美を
 つむぎだすものなのだと実感。

[写真右]『カラー新書 日本の花火』小野里公成著
ちくま新書 630円
・きれいなカラー写真多数。全国各地の花火大会のレポート
 や、花火の種類の解説のほか、花火観覧の心得まで
 親切にフォローしてあります。読んでいたら、花火大会
 めぐりをしたくなってきた!


ちなみに、すずらん商店街の夏祭りは今度の日曜日。
すいか割りや金魚すくい、虹鱒の塩焼きなんかもあります。
すずらん商店街スタンプラリー達成者(先着100名様)には
花火のプレゼントも!どうぞ遊びにいらしてくださいね。
[PR]
by endoushoten | 2007-08-23 15:35 | 今日の1冊
<< お知恵を拝借 夏バテに一番効きそうな食べ物といえば >>