旅など行かなくてもできる

この連休は台風やら地震やら散々でしたね。
被害にあわれた方々には心よりお見舞い申し上げます。

幸いにも東京は大した被害もなく、それはやれやれ
なのだけれど、台風と共に楽しいおでかけプランも
飛んでいってしまったよ…と肩を落としている方も
いるのでは?

うわぁ~、やっぱりどこかおでかけしたーーーい!!
f0069799_1483081.jpg


旅行なんて交通機関を予約したり、宿を決めたり面倒なこと
この上ないし、やれカフェでお茶だ、タクシーで移動だ、
お土産も買わなきゃとお金は出ていく一方です。
それなのに、喜んで出かけるなんてとんだ酔狂です。
なぜ旅にひかれるのでしょう。なにを求めて?
f0069799_141228100.jpg

[写真左]『旅の発見 日本エッセイスト・クラブ編』
岩波書店 950円
・出会い、体験―忘れられない思い出…。日常生活にはない
 「発見」がそこにはあります。

[写真右]『美人諸国ばなし』小沢昭一著 PHP研究所 420円
・旅の目的が「美人」であってもよいのです。発見というべきか
 発掘というべきか…写真入りで楽しめます。

ふぅと一息ついて。知的な旅の愉しみを模索しましょうか。
f0069799_14211048.jpg

『大人のための旅行術 旅する哲学』アラン・ド・ボトン著
集英社 1,260円

 計画の愉しみ―出発を前に

 日常脱出の愉しみ―わたしたちを衝き動かすもの

 自然と向き合う愉しみ―風景の言葉に耳を傾けながら

 眼の愉しみ―芸術は現実を濃縮する

 帰宅後の愉しみ―習慣がわたしたちを目隠しする

ユイスマンス、ホッパー、ボードレール、フロベール、
フンボルト、ワーズワス、ゴッホ、ヨブ…。これ以上
多くは語りますまい。

明日は定休日。
あぁ、大秘境・未整理山脈がわたしを呼ぶ…。
[PR]
by endoushoten | 2007-07-16 14:32 | 今日の1冊
<< 「う」のつくもの 今から慌ててで >>