夜更けに読むといろんな意味で危険な本

入り口すぐ左側は料理のレシピ本のコーナー。
本格的なものから、お手軽手抜き本にビジュアル本
疾病対策の超実用書までさまざま揃っています。

今日はちょっと毛色のかわった「読むだけでも楽しめる」
レシピ本をご紹介しましょう。

f0069799_1522334.jpg

『彼女のこんだて帖』角田光代著 ベターホーム出版局 520円
・ストーリー部分は角田光代、レシピはベターホーム、表紙は魚喃キリコ
という豪華コラボ本。ちょっぴりきゅんとするストーリーにおいしそうな
料理がからみ、「作ってみたい」というより「今すぐ食べたい」!
第一話「泣きたい夜のラム」に出てくる山形のお肉屋さんて
絶対ココですよね(確かにあそこのラムはおいしかった♪)

f0069799_1536996.jpg

『lover's cook book』L.C.M編 NHK出版 630円
・大学生くらいのピュアな恋模様…をベースに、カフェ飯テイストの
お料理がいろいろ。ぱっと見はフォトブックみたいなお洒落絵本
ですが、実はかなりかなり実用的。「男のコには丼もの!」とか
「お弁当といえばサンドイッチよりおにぎり」から、「バレンタイン
時期には早く買い物に行かないと生クリーム売り切れるよ」
まで、モテレシピ選びの指南から、買い物指導まで徹底しています。
生まれかけの恋に戸惑っている方は必読です。


夜、ゴロゴロとこういう本を読むと空腹感に気がついてしまったり、
「すてきな恋がしたーい(したかった、含む)」などの理由により
寝つきが悪くなる恐れがありますので、ご注意くださいませ。
[PR]
by endoushoten | 2007-05-24 15:46 | 今日の1冊
<< 雨では潤わない知的好奇心を満たすには 新橋大古本まつり もうすぐ開催! >>