うどんは好きだけど雨天と曇天は嫌い

ひところの初夏気分もどこへやら。低く垂れ込めた
曇り空、冷たい雨がいつやむでもなく降り…
ここのところそんなお天気ばかりでウンザリです。

はぁ~、こんな気分の時にはどんな本を手に取り
たくなるかといえば…

f0069799_1611546.jpg

『死都ブリュージュ』(ローデンバック著 岩波文庫 400円)

ベルギーも寒く曇の多い国。そうか、ベルギーに旅行している
と思えば少しは楽しくなるかしらん。

ブリュージュはベルギー・フランドル地方の古都。フランドル?
日本人にはかの「フランダースの犬」で、漠然となじみのある
土地ではないでしょうか。「フランダースの犬」といえば…

f0069799_1655953.jpg

『岩波 世界の美術 リュベンス』(クリスティン・ローゼ・ベルキン著
岩波書店 2,100円)

例えばルーベンス初期の作品「アダムとエヴァ」のエヴァがなんだか
つるんとして実感に乏しいのは、ルーベンスが裸の女性をあまり
みたことがなかったからかもしれない!?など興味深い話も。

そういえば、この絵はよく観ているような…

あ!!
f0069799_16153967.jpg

『ベルギービール大全』(三輪一記+石黒謙吾 アートン 1,200円)

この真ん中に写っているベルギービールのラベルをよく見ると
アダムもイブもビールを持っていました♪

暗い天候で、気が滅入りそうなベルギー人の生活の知恵として
ユーモアたっぷりのベルギービールが生まれたのかもしれませんね。

今日はローデンバッハグランクリュでも飲みながら
読書としゃれこみますか。

そう考えたら、俄然楽しくなってきました。ベルギー万歳♪
[PR]
by endoushoten | 2007-04-18 16:22 | 今日の1冊
<< 統一地方選間近 うどんにそうめん、そば、中華そ... >>