♪ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか

放映されていたのはもう30年ほど前になりますが、野坂昭如氏が
歌い踊るサントリーのCMを覚えていらっしゃる方も多いのでは
ないでしょうか。

じゃーん。哲学グラスをなんと平成の今になって
手に入れましたよ!
f0069799_1535412.jpg

三重県の酒屋さんリカーズイノウエ哲学グラスプレゼントをしているのを発見。早速晩酌用のお酒と一緒に注文してしまいました。
グラスもお酒も揃ったところで、晩酌のアテを選びましょうか。

ソクラテスってなにした人?という方はまずざらっと哲学の
概要をお通しがわりにどうぞ。
f0069799_15401312.jpg

『一冊で哲学の名著を読む』荒木清著 中経出版 630円
・手抜きレポートなどにはこの手の本は非常にありがたい
 わけですが、これは実際にその本を読んで見たい気にさせます。

f0069799_15421624.jpg

『2001年哲学の旅 コンプリート・ガイドブック 
哲学の「聖地紀行」ガイド』池田晶子編著 新潮社 420円
・タイトルからしてユニーク!2001年刊行の本です。
 読みやすく、ボリュームもたっぷり。いろんな切り口で
 飽きさせません。飲み屋に持っていくにもおすすめです。
 哲学者の名言集で盛り上がるかも!?

では、知の偉人たちをより深く味わう本にうつりましょう。
f0069799_1549328.jpg

[写真右]『プラトンと五重塔 かたちから見た日本文化史』宮崎興二著
人文書院 630円
・縄文人はプラトン的で弥生人はアリストテレス的?
 図形っておもしろいなぁ…

[写真左]『自然界にひそむ「5」の謎』西山豊著
筑摩書房 420円
・正五角形をかくのは難しいんですね…数学的素養のない私は
 恥ずかしながらこの本を読んで初めて知りました。そうなると
 俄然興味がわいてきます。つられてぐいぐいと酒もすすみそうです。

♪ニ、ニ、ニーチェかサルトルか ということでこれを。
f0069799_1653494.jpg

『ニーチェ・レー・ルー 彼等の出会いのドキュメント』
E.プファイファー編 未知谷 1,680円
・才女ルー・フォン・ザロメやパウル・レーらとの書簡
 が年代ごとに多数収められています。
 (それにしてもニーチェの妹エリーザベトは強烈…)

では最後のお口直しに甘辛取り揃えてギョエテで
しめましょうか。
f0069799_16151871.jpg

[写真右]『ゲーテ 親和力 ベンヤミン著作集5』
ヴァルター・ベンヤミン著 晶文社 840円
・帯の通り。力強い山廃のお供にはぴったり!

[写真左]『ゲーテさんこんばんは』池内紀著
集英社文庫 260円
・ゲーテの評伝ですが、小難しくないので気軽に
 読めます。ゲーテが身近に感じられるように
 なりました。それにしてもゲーテはいろんなことを
 していたんですね。

先程リカーズイノウエさんにおたずねしたところ、哲学グラスはまだ若干あるとのことで
「早い者勝ち」だそうです。
皆さんも哲学グラスと読書をたのしんではいかがでしょうか。

# ”本人が書いてます”の哲学書も、岩波文庫や「世界の名著」など
   在庫がございます。お探しのものがあればどうぞお気軽にお声を
   おかけください。
  。
[PR]
by endoushoten | 2007-02-26 16:36 | 今日の1冊
<< ゆかいな書評ブログ 時の人… >>