まつりの余韻

経堂まつりも無事終わりました。
翌日の月曜日、いつもの農大通りを通りながら、
その平常さに、何か狐につままれた気分でした。

遠藤書店も初参加しました。
後日談になりますが、おまつりの余韻を少しばかり・・・

遠藤書店は初参加ということもあり、店先に小さな出店を出しました。
こけしの「輪投げ」、お猪口に蝶が舞う「蝶々おとし」に景品の「駄菓子」。
f0069799_23264220.jpg

こけしとお猪口。
これは、先代の社長が趣味で収集していたそうで、
そのうちの一部を拝借させていただきました。
先代の社長のお顔をした、こけしに角を生やして・・・
ゲームの面白さを少しばかりプラスしたくて、つい。
(実際の、先代の社長はとても温厚な方です。誤解のないように。笑)
f0069799_2328882.jpg

駄菓子。
今は、だいぶ減ってしまった駄菓子屋さん。それだけに、とても懐かしい。
遠藤書店本店(すずらん通り店)の斜め向かいには、まだ駄菓子屋さんがあります。
その駄菓子屋さんの前を通るとき、自転車を漕ぐ足も自然とゆっくりになってしまいます。
いつも、こどもたちで賑わっており、微笑ましい光景なのです。
そんな光景も関係あってか、どうか。遠藤書店スタッフにも駄菓子好きが多く、
お祭りの出店の景品は、スタッフの強い希望により駄菓子に決まったわけです。
いつもとは違う、とっってもかる〜いダンボールから駄菓子を出して、
駄菓子の山を古本そっちのけで整理しているときは、おかしくてニヤニヤしてしまいました。

そのような、お祭りを楽しめたらいいよね〜といった調子で参加してみたのですが、予想以上の大反響!気づいたら、行列ができていました。
経堂には、こんなにたくさんの“ちびっこ”がいたのですね!
f0069799_23271634.jpg
f0069799_23274331.jpg
f0069799_2348952.jpg

スタッフ一同大変楽しませていただきました。
どうもありがとうございます。
また、来年のお祭りが今から楽しみであります。

f0069799_23282780.jpg

[PR]
by endoushoten | 2006-07-25 22:26 | 農大通り支店
<< 本の駅・経堂 夏休みセールのお知らせ >>