予習!父の日

6月の第3日曜日、明日18日は父の日です。

母の日の熱狂と比べると、地味な印象がぬぐえない父の日。
今日は父の日の予習にふさわしい本をご紹介いたします。

f0069799_12155788.jpg


「父性」にスポットを当てた本。お父さん、父性ってなんだと
思いますか?

[写真上]『家族の起源 父性の登場』山極寿一著
東京大学出版会 840円

[写真左]『父性の誕生』鈴木光司著
角川oneテーマ21 260円

[写真右]『父性の復権』林道義著
中公新書 280円

f0069799_12212054.jpg


お父さんと呼ばれるということは、お子様をお持ちのはず。
仕事を言い訳に子育てをおろそかにしていませんか?
家族の中で存在感を示してこそ、尊敬される父になれるのでは
ないでしょうか。

[写真左]『おやじの世直し』嶋中労著
生活人新書(NHK出版)300円

[写真中央]『逃げるな、父親 小学生の子を持つ父のための17条』
八幡和郎著 中公新書ラクレ 300円

[写真右]『男だって子育て』広岡守穂著
岩波新書 180円

f0069799_12274768.jpg


小説やエッセイで描かれる父親像から、理想のお父さんを
探ってみるのはいかがでしょう。

[写真左]『父の詫び状』向田邦子著
文春文庫 150円

[写真中央]『優しさごっこ』今江祥智著
新潮文庫 200円
[写真左]『冬の光 続・優しさごっこ』今江祥智著
新潮文庫 200円
・父子家庭で仕事に家事に子育てに大奮闘
 心温まる児童文学の名作です

明日、父の日には父子ともども恥ずかしがらずに
「ありがとう」を伝えましょう。
[PR]
by endoushoten | 2006-06-17 12:36 | 今日の1冊
<< ヨガ 蛙 >>