「ほっ」と。キャンペーン

スイングジャーナル

ジャズ専門誌『スイングジャーナル』が大量入荷しています。
f0069799_2185912.jpg
『Swing Journal』スイングジャーナル社 105~210円(遠藤書店 支店)

写真の3倍の量はあるかと思います。
お探しのバックナンバーも見つかるかもしれません。
どうぞお見逃しなく。

『スイングジャーナル』は、ジャズ専門誌の大御所です。
それはちょっと身構えてしまうという方々も、
ジャズの世界へ引き込まれるきっかけになりそうな本が
いくつかありましたので、ご紹介します。

f0069799_2191874.jpg

[写真上・左]『植草甚一スクラップブック 12 モダン・ジャズのたのしみ』
        植草甚一著 晶文社 1200円(遠藤書店 支店)
        ・ジャズといえば植草さん。遠藤書店といえば植草さん!の
         植草甚一スクラップブックです。
         植草さんの本のご紹介となると、どうも鼻息が荒くなりそう
         なので・・・このへんで。

[写真上・中央]『バードは生きている』 ロス・ラッセル著 池央耿訳
         草思社 420円(遠藤書店 支店) ※カバー無
         ・バードこと、サックス奏者チャーリー・パーカー。
          ジャズ界ではあまりに有名な氏についての本です。

[写真上・右]『はじめてのジャズ』内藤遊人著
        講談社現代新書 210円(遠藤書店 支店)
        ・入門書にはうってつけです。
         鞄にしのばせるにも、新書ですからちょうどいいサイズ!

[写真下・左]『ジャズ・ジョイフル・ストリート』大木俊之助著 
        JICC出版局 420円(遠藤書店 支店)
        ・「神田神保町《響》流ジャズ鑑賞法」というサブタイトルに
         妙に惹かれます。

[写真下・右]『スーパー・ジャズ・ガイド ジャズのたしなみ方』小川隆夫著
        全音楽譜出版社 1050円(遠藤書店 支店)
        ・さくさく読め、関連盤や書籍の紹介もあり、
         次へ繋げやすい親切な入門書です。

本を片手にジャズ喫茶へ出掛けたい、そんな気分になってきました。
素敵なジャズ喫茶を知っていましたら、こっそり教えてください。
[PR]
by endoushoten | 2006-04-25 20:55 | 今日の1冊
<< 今月のがやがや市 池袋西口公園古本まつりレポート... >>