人はなぜ

今日ご紹介するのは「人はなぜ」についての本です。

f0069799_21475023.jpg


[写真左]『人はなぜ泣き、なぜ泣きやむのか? 涙の百科全書』
 トム・ルッツ著 八坂書房 2003年刊 1,200円(遠藤書店 本店)

[写真中]『登山の誕生 人はなぜ山に登るようになったのか』
 小泉武栄著 中公新書 2001年刊 350円(遠藤書店 本店)

[写真左]『人はなぜ、幻覚するのか? 幻覚・妄想を人生に活かす』
 小田晋著 はまの出版 1996年刊 350円(遠藤書店 本店)


これらの問いかけにすぱっと「それはね…」と返せますか?
はてどうしてだろう、と思ったら読んでみませんか?

「人はなぜ××なのか」というのは、雑談ネタとしても盛り上がるかも
しれませんね。いいキーワードです。

・人はなぜ本屋に行くとトイレに行きたくなるのか
・人はなぜ「ちょっと1杯」といってダラダラ飲んでしまうのか
・人はなぜ迷って買うのをやめた本が売れていると急に欲しくなるのか
などなどテーマを持ちかけるのも、答えを考えるのも
それぞれ性格があらわれそうです。

「人はなぜギリギリまで仕事をしないのか」
今日は朝イチでブログを更新しようと思っていたのに、こんな時間に
なってしまいました…。
[PR]
by endoushoten | 2006-04-17 22:00 | 今日の1冊
<< 第3回 池袋西口公園古本まつり 藤田嗣治展 >>