ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリー

突風吹き狂う日曜日、木場公園にある東京都現代美術館
に行ってきました。

転換期の作法~ポーランド、チェコ、スロヴァキア、ハンガリーの現代美術

予備知識なしで見たのですが、面白かった!

現代美術はわかりにくい作品もありますよね。今回の展覧会では
ポッドキャストで音声ガイドが配信されています。
iPod持っていれば作品を見ながら、解説を聞くことができます。
(逆にガイドを聞いてみてどんな作品だか気になったら
実際に見に行ってみる、というのも良いかもしれません)

展覧会をみたことで中欧諸国について興味がわきました。
もっといろいろ知りたい!というわけで、関連書籍を探してみました。
f0069799_11564932.jpg

[写真左]
『生は彼方に』 ミラン・クンデラ著 
 ハヤカワ文庫 2001年刊 ¥320(遠藤書店 支店)
[写真中央]
『ハンガリー狂騒曲』 家田裕子著 
 講談社現代新書 1991年刊 ¥270(遠藤書店 支店)
[写真右]
『ワルシャワの七年』 工藤幸雄著 
 新潮選書 1981年刊 ¥350(遠藤書店 支店)

f0069799_1235611.jpg

[写真左]
『読んで旅する世界の歴史と文化 中欧』 沼野充義監修
 新潮社 2002年刊 ¥840(遠藤書店 支店)
[写真中央]
『おばあさん』 ニェムツォヴァー著 
 岩波文庫(赤) 1998年刊 ¥400(遠藤書店 本店)
[写真右]
『山椒魚戦争』 カレル・チャペック著 
 岩波文庫(赤) 1988年刊 ¥400(遠藤書店 本店)

特に『読んで旅する~中欧』はてっとり早く知識を得るには
最高の1冊です。歴史、地理、宗教、料理、文化、風俗など
を知ることができます。
この本をぱらぱらめくっていてスタニスワフ・レムもポーランド
の作家だったことを思い出しました。そういえばそうでしたね!

『ソラリスの陽のもとに』スタニスワフ・レム著
 ハヤカワ文庫 1995年刊 ¥230(遠藤書店 本店)
(映画『惑星ソラリス』『ソラリス』の原作です)

転換期の作法は映像作品、体験作品なども多くじっくり見るなら
半日がかりです。行かれる方がいらっしゃいましたらご参考までに。
[PR]
by endoushoten | 2006-03-22 12:42 | 今日の1冊
<< もうすぐお花見 強風につき >>