強風につき

ここ数日の強風、大丈夫ですか?
遠藤書店では・・・
店先均一コーナーの雑誌が、ここぞとばかりに
はためくのを静めるのに必死でした。
風との戦い!!そんな気分ですらありました。

風ニモ負ケズ・・・ということで、
まずは「風」について知ることからはじめましょう。

「風」にまつわる面白い本がありましたので、ご紹介します。
f0069799_1293518.jpg
[写真左]『風-プネウマ』宍戸修著 
     用美社 ¥1200(遠藤書店 支店)

     「プネウマーーーー霊魂はギリシャ語で風をも意味する
      夢想する人間 耳を傾けている人間を戦慄させるのは
      風の激しい音であるーーーーガストン・バシュラール」
     という帯に、その思想を感じます。
     強風につき、家に籠って本を・・・そんな気分になります。

[写真右]『風の博物誌』ライアル・ワトソン著 木幡和枝訳 
     河出書房新社 ¥1200(遠藤書店 支店)

     目次を見ただけでも、大変ユニークです。
     風の○○、△△な風、等々数多くの風についての章、
     「風」の小事典と、おもわず頁を捲ってしまいます。
     「よこしまな風」でニヤリとしてしまうのは、
     私だけではないことでしょう・・・
[PR]
by endoushoten | 2006-03-21 11:30 | 今日の1冊
<< ポーランド、チェコ、スロヴァキ... 花森安治と「暮らしの手帖」展 >>