郷愁

いつも通り店番をしていると・・・どこからかちびっ子の「オニは~そと~」の声と歓声が。。
しばらくすると、当店にもやってきました!!青おに!!↓
f0069799_20182094.jpg

驚きのあまり、画像が乱れてしまったワタクシ
今日は節分ってことで、わがすずらん商店街でも各店で豆まきが行われたのでした。

余談ですが、わたしの故郷山形県の村山地方では、豆まきの際、「福は内福は内、鬼は外鬼は外、天打ち地打ち四方打ち、鬼の目ン玉ぶっ潰せ」とやや長セリフで豆を下から天井へ向けて投げつけます。よって、鬼役を追いかけたりといったエンターテインメント性はやや希薄です。そして豆まきの大豆は青大豆。(我が家だけかもしれませんが)
ちなみに鬼の面がオマケでついてくる♪豆~はでん六♪でおなじみのでん六は山形の企業です。(回し者じゃありませんよ)

ちびっこたちの楽しげな様子を見ていると、なんだか私も故郷がちょっぴり懐かしくなってしまった今日でした。

鬼関連の本・おまけ↓

f0069799_20385544.jpg

[写真左]『中国の鬼』除 華竜著
青土社 1995年刊 1,600円

[写真右]『日本俗信辞典 動・植物編』鈴木棠三 著
角川書店 昭和57年刊 1,200円
[PR]
by endoushoten | 2010-02-03 20:57
<< エンドー書店通信3号できました。 書物の行く末 >>